栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0315

昨日、面会時の母・・・。「特別代理人から連絡」さらに「小一原潤 検事」の「嘘」・「悪巧み」により宇都宮地検との問題になるかも・・・。  



会代表のコメント

昨日、母の面会に出向いた時に、施設長から声を掛けられ、最近、母の食事の進みが悪くなっているとのことで、近いうちに昼食前に面会に来て貰い、昼食時の母の食の進み具合などを確認して貰いたいとの事・・・・。

今週末に昼食前に面会に出向く事をお伝えして来ましたが、現状としては空きのあった老健2件に入所を断られているのでは動きようも無く。

措置入所中なので、市貝町福祉課と今後どうするか?話はするのですが、病院への入院レベルと、介護施設での施設利用レベルの中間で、病院、特養の両者が微妙な介護状況・・・・。

次回、緊急搬送などになったタイミングには療養病棟などの検討も出来るのですが・・・・。



また、特別代理人の「一木明弁護士」からも連絡が有りました、栃木小1女児殺人事件の弁護団で、1審の判決時、3月末日まで動きが取れないとの事、1審の判決以降には時間が作れるので段取りするとの事、まあしょうがないので家族側で進められることをしておきますということで電話を切っております。




さらに、昨日、宇都宮地方検察庁が先週前もって連絡しておいたのに、色々と確認も取れておらず。

宇都宮地方検察庁 検察官「小一原潤 検事」の嘘・悪巧みが発覚。

現在、事務官が全く検事につなげない形で門前払い、挙句に事務官が「威嚇!?」

次から次へと、澤田雄二懲戒処分弁護士を擁護したい者どもが「入れ替わり立ち替わり」浮かび上がるので流石に疲れて来ました(呆れ)



今回の宇都宮地方検察庁 検察官「小一原潤 検事」の嘘・悪巧みの証拠は全て残しています。

告訴の本丸の介護虐待の訴え前に、有印私文書偽造罪で、ここまで宇都宮地方検察庁 検察官「小一原潤 検事」が「澤田雄二懲戒処分弁護士」を擁護するとは思いませんでしたが・・・・。


既に「小一原潤 検事」が直告分の「不起訴」を、刑事告訴で「不起訴」を、ひっくり返されないように「嘘・悪巧み」まで行ったということです。

分かりやすい動きですね・・・・。


もしですが、会代表が「別件で逮捕なり」されるようでしたら、何かの時にはご覧頂いている方が、一番分かると思います。

まあ、「自分の身は自分で守ります」が、まだ母の最終的な介護が残っているので潰されてはいられません。


ご意見も色々と頂き、「闘い過ぎ」との声も頂いているのですが、「何分不器用なもので・・・・。」

この不器用さも母に似たのかも知れません(笑)


スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/03/15 Tue. 08:25 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 認知症JR事故のネット上で流れている、JR側の提訴した理由は???「提訴しておかないと、認知症患者を線路に投げ込むから・・・・、これが高齢者社会の末路!?」政治家は問題点を理解しているのか?  |  相談案件・事故現場図面公開「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」特養「高砂荘」(宇都宮市)「飯田福祉会 浜野 修理事長」「原告側 梅津真道弁護士と別事件」「被告側 澤田利夫弁護士/澤田雄二懲戒処分弁護士/増田智義弁護士/溝邉岳秋弁護士/その他」「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士」続き24 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/457-4be52385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top