栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0316

認知症JR事故のネット上で流れている、JR側の提訴した理由は???「提訴しておかないと、認知症患者を線路に投げ込むから・・・・、これが高齢者社会の末路!?」政治家は問題点を理解しているのか?  

認知症JR事故


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会代表のコメント

認知症JR事故のネット上で流れている情報です。

JR側の提訴した理由は???

ツイッターの提訴しておかないと、認知症患者を線路に投げ込むから・・・・、これが高齢者社会の末路。

ツイッターなどでの意見は結構、ポイントを付いていると思われ、ただその問題点ポイントを、法律制度を作る、政治家が理解しているのか?ということが問題です。

実は、認知症JR事故の1審2審の裁判官などの公開記事をUPしてからも、政治家などの意見が出てくるか?検索なども掛けていたのですが、それらしい政治家のコメントも無く・・・・。


勿論、最高裁の判決ですので、司法権の独立により政治家が意見を述べられないことは理解しております。

ただ、今回、最高裁まで闘った認知症家族側の思いや問題点を政治家が理解しているのだろうか?


司法関係者のブログなどで、判例についての解説コメントは結構UPされていたのですが、何かスッキリしない判決・・・。

最高裁が判決で、社会への問題提起したと言うほどでも無く、何か問題を棚上げした感じに思えるのは私だけでしょうか???


そろそろ次回、認知症JR事故の記事で、会代表が思う所の疑問点を記事にして行こうかと考えております。

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/03/16 Wed. 19:06 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 宇都宮地方検察庁 検察官「小一原潤 検事」の「嘘・悪巧み」「苦情申立は東京高検へ」「弁護士への刑事告訴時の警察の内々規程、弁護士相手という事だけで大きな事件!?」澤田雄二懲戒処分弁護士絡み・損保ジャパン日本興亜  |  昨日、面会時の母・・・。「特別代理人から連絡」さらに「小一原潤 検事」の「嘘」・「悪巧み」により宇都宮地検との問題になるかも・・・。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/458-5976165e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top