栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0317

宇都宮地方検察庁 検察官「小一原潤 検事」の「嘘・悪巧み」「苦情申立は東京高検へ」「弁護士への刑事告訴時の警察の内々規程、弁護士相手という事だけで大きな事件!?」澤田雄二懲戒処分弁護士絡み・損保ジャパン日本興亜  

宇都宮地検検事正 徳田薫 小一原潤検事

東京高等検察庁 検事長 西川克行 宇都宮地検検事正 徳田薫 小一原潤検事

会代表のコメント


宇都宮地方検察庁 検察官「小一原潤 検事」の嘘・悪巧みの件

現在、事務官が全く検事につなげない形で門前払い、挙句に事務官が「威嚇!?」

今回の宇都宮地方検察庁 検察官「小一原潤 検事」の嘘・悪巧みの証拠は全て残しています。

既に「小一原潤 検事」が直告分の「不起訴」を、刑事告訴で「不起訴」を、ひっくり返されないように「嘘・悪巧み」まで行ったということです。


先ほど東京高等検察庁へ、苦情申立の件で連絡。

宇都宮地検も東京高等検察庁も検事擁護の発言ばかりで、検事が問題を起こすはずです・・・。

「検察官、検事」、直接の問題は、「宇都宮地方検察庁 検事正」と「東京高等検察庁 検事長」宛てに苦情申立するしかない無いとのこと。

起訴・不起訴の問題は「検察審査会」





結局、刑事告訴の検察送致も、担当検事は直告で不起訴にした、宇都宮地方検察庁 検察官「小一原潤 検事」

それも刑事告訴前に「小一原潤 検事」に確認して、もし刑事告訴で「小一原潤 検事」が担当になったらまた不起訴ですよね?との質問に「そうですね」と回答していた検事。

ですので、茂木警察署だと、通常は「真岡区検」へ検察送致。

老健「もてぎの森うごうだ城」、業務上過失傷害の「不起訴」を出したのは真岡区検の「沼尾清彦 副検事」


刑事告訴の検察送致は、「真岡区検」になることを願い、「小一原潤 検事」には別の検事に調査して貰いたい旨も伝えていましたが・・・・。


その時には、宇都宮地方検察庁 検察官「小一原潤 検事」は、真岡区検か本庁か「分からない」と回答していました。

茂木警察署、刑事課から検察送致の連絡が有り、警察署も最初は、送致はしたが検事が誰だか分からないと回答・・・。

どこに送致したのかも担当検事も教えて貰えなかったので、検察送致後、その日に宇都宮地検に問い合わせ。

宇都宮地検の受付でPCで調べる時間も掛からず、受付から担当検事は「小一原潤 検事」です・・・・。


介護被害者家族としては「案の定、やられた・・・。」 この時点で捜査せずとも「不起訴確定!?」


一様それも予想して、全く同じ内容だと「不起訴にしやすい」と思い、刑事告訴の証拠を内容を変えておきました。


その後に再度、茂木警察署に連絡、なぜ真岡区検への検察送致でないのか?問い詰めたら・・・・。

何と、茂木警察署刑事課と、刑事告訴させるさせないの段階から、「小一原潤 検事」が「刑事告訴したいならさせろ」と刑事課に指示。

捜査後、検察送致する直前にも、茂木警察署が「小一原潤 検事」に判断を仰ぎ、真岡区検では無く、宇都宮地検本庁に送致するように支持。


この辺の話しまでなると、「小一原潤 検事」が刑事告訴の件で「分からない」どころか、己が全部、警察に指示して、自分の所に刑事告訴が回ってくるように段取りを組んだとしか思えず・・・・・。

「小一原潤 検事」が直告分の「不起訴」を、刑事告訴で「不起訴」を、ひっくり返されないように段取り?


さらに驚いたのが、茂木警察署が、自分達に責任を負わされたくないからなのか?

茂木警察署、刑事課が介護被害者家族に、「警察署内々の情報を教えてくれる事に・・・・。」


何と今回の刑事告訴は、最初から真岡区検の検事に回される事は無かったそうです。

その理由が、栃木県警では、「弁護士相手への刑事告訴の場合」は、「大きな事件」と判断し、栃木県警内々の規程により、宇都宮地検本庁に検察送致する事が決まっているとの事・・・・。


もう、これを聞かされた時には「はあ!?」、やってくれましたね「小一原潤 検事」・・・・。


さらに真岡区検にも連絡、今回の件は全く知らないとの事、さらに茂木警察署が言っていること、「小一原潤 検事」が言っていたことなどを、真岡区検の事務官に尋ねた所。

茂木警察署に刑事告訴しているなら、宇都宮地検内の検事の担当は大体見当が付くはずとの事で、宇都宮地検の担当検事などは、警察署、地区で大体決められているとの回答で・・・・。


ここまでの状況を鑑みると、「小一原潤 検事」が「分からんない」と言ってはいましたが、真岡区検どころか、警察署、地区などで「小一原潤 検事」が担当になるべく、さらに検察送致の指示なども「小一原潤 検事」が警察に指示していたのですから、良くも「分からない」などとふざけた事が言えたものかと(怒り)

宇都宮地検の事務官は、警察署が内々の事まで話しているとも知らず、惚ける次第で検事には繋げず・・・。

共同捜査 小林事務官が告訴人を「威嚇」


宇都宮地方検察庁 検察官「小一原潤 検事」は直告の時も、ろくに告訴状を読んでおらず。

告訴状に新田裕子弁護士と海老原輝弁護士懲戒請求中の件を、明記していたのに不起訴後に尋ねたら懲戒請求されている事も知らない・・・・・。


さらに、またまた、今度は検察官「小一原潤 検事」が介護被害者家族に対して

加害者側代理人弁護士を「大内先生!!海老原先生!!」の連呼・・・・。

両名合計したら8回前後、「大内先生!!海老原先生!!」の連呼・・・・。

そりゃ検事が、加害者側代理人弁護士を、先生と連呼しているのでは、休職中、警告書の内容、存在も知らない問題でも「不起訴」という事です。



スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/03/17 Thu. 13:01 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 「生活保護支援九州・沖縄ネットワーク」(弁護士や司法書士、支援者らでつくる市民グループ)別府市「パチンコで生活保護停止」を中止へ、弁護士「当然のこと」「調査も不適切だ」おにぎり1個食べられないで餓死する人がいるのにパチンコ!?  |  認知症JR事故のネット上で流れている、JR側の提訴した理由は???「提訴しておかないと、認知症患者を線路に投げ込むから・・・・、これが高齢者社会の末路!?」政治家は問題点を理解しているのか? »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/460-1f0401b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top