栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0328

「2016年3月28日深夜2:00過ぎに「母」永眠・・・。」しかし「母の悔しい思い」は息子が代わりに受け継ぎました(怒り)  

もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者 松田源一 木村勝則 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 宇都宮中央法律事務所 損保ジャパン

もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者 松田源一 木村勝則 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 宇都宮中央法律事務所

もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者 松田源一 木村勝則 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 宇都宮中央法律事務所1

もてぎの森うごうだ城anigif

新田裕子弁護士 澤田雄二弁護士、宇都宮中央法律事務所1

澤田雄二・新田裕子
損保ジャパン弁護士法違反1

損保ジャパン日本興亜 介護事件事故虐待医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」4

もてぎの森 うごうだ城



3月27日午前、措置入所先施設から、母の呼吸が一時止まったとの連絡で、すぐに施設に出向き、救急病院へ緊急搬送・・・。

医師からも延命治療の判断の求めが介護家族に有り、その時点で血圧の数値が測れないとの事で、緊急入院。

看護師さんからも親戚に連絡をされておいた方がとのアドバイスが有り、息子さんが夜付き添いも可能とのことで、一度夕方に自宅に戻り、再度22時過ぎに病院に出向き・・・。

現在、酸素吸入しながらの母に付き添っています。


夕方自宅に戻る前に、もう覚悟を決めて母が亡くなってから気が動転して、火葬葬儀の段取りが出来ないとまずいので、利用する地区の火葬場の場所の確認、葬儀業者にも連絡確認。

親戚、特別代理人にも連絡、2~3日介護家族である私が、深夜は泊まり込み、日中一度自宅に戻り、また病院への繰り返しになりそうです。


老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待で、障害者にされ施設追い出し、ショートのロング(介護保険グレー利用・約1年9ヶ月)から「措置入所」約10か月間の介護被害者の末路です(怒り)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会代表のコメント

●2016年3月28日深夜2:00過ぎに「母」永眠・・・・・。

呼吸、心拍数など「ゼロ」になりながら、回復と数値ゼロを繰り返し30~40分、母が頑張ってくれました。

息子として母への最後の言葉も耳元で伝える事ができ、最後は安らかに・・・・・。

しかし、「母の悔しい思い」は息子が代わりに受け継ぎました(怒り)


スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/03/28 Mon. 16:40 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <特別代理人「一木明弁護士」>介護被害者である母への線香の1本も火葬の参列焼香も無し、結局、選任後約4ヶ月間一度も母との面談無し、介護家族への連絡も未だに無し、もう「弁護士が人権などと語らないで頂きたい!!」  |  <母緊急搬送・血圧数値計測不能>老健「もてぎの森うごうだ城」介護事件事故虐待、障害者にされ施設追い出し「ショートのロング」「措置入所」介護被害者の末路(怒り)これが日本の社会福祉介護の現状!! »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/471-835b64f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top