栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0402

<「被告 新田裕子弁護士」(懲戒委員会への審査相当)未だに栃木県弁護士会への「弁明書」の提出無し>「海老原輝弁護士」「宇都宮中央法律事務所(澤田雄二懲戒処分弁護士)太田うるおう綱紀委員会委員長、損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士・老健 もてぎの森うごうだ城  

綱紀議決 新田裕子、澤田雄二 海老原輝 大内一宏 宇都宮中央法律事務所

綱紀議決新田裕子1moza澤田雄二 海老原輝 大内一宏 宇都宮中央法律事務所

綱紀議決新田裕子4moza澤田雄二 海老原輝 大内一宏 宇都宮中央法律事務所

綱紀議決新田裕子6moza澤田雄二 海老原輝 大内一宏 宇都宮中央法律事務所


綱紀議決新田裕子7moza澤田雄二 海老原輝 大内一宏 宇都宮中央法律事務所

太田うるおう綱紀委員長


s-SnapCrab_NoName_2015-7-17_9-55-21_No-00.jpg
新田裕子弁護士 澤田雄二弁護士、宇都宮中央法律事務所1
綱紀議決 新田裕子弁護士 澤田雄二 海老原輝 大内一宏 宇都宮中央法律事務所 損保ジャパン

澤田雄二・新田裕子

もてぎの森 うごうだ城・澤田雄二・新田裕子・海老原輝 松田源一




綱紀委員会 太田うるおう委員長

<栃木県弁護士会 綱紀委員会議決2名結果>

「新田裕子弁護士(懲戒委員会への審査相当)」

「真実を尊重し、信義に従い、誠実公正に職務を行うものとする。」と規程する

「弁護士職務基本規程第5条に違背することは明らかである。」

弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。


「新田裕子弁護士」は、このまま懲戒委員会への審査へ


介護弱者の人権無視、脅しお金の請求を請求対象でもない人物に、法的手段を取るとまで、宇都宮中央法律事務所、4名の弁護士で徒党を組んで警告書を送りつけておいて今更ですが・・・・。

●宇都宮中央法律事務所の個々の弁護士の弁明には「節操が全く無い」


ちなみにこの綱紀委員会の議決ならびに、新田裕子弁護士、澤田雄二弁護士の陳述書など

回答を鵜呑みにされないで下さい!!

何が、澤田雄二弁護士の「チェック漏れ」 新田裕子弁護士は「弁護士経験3年未満・・・。」

ケアレスミス程度の内容で弁明、議決されていますが、こんなのは「全くの弁明の為の偽り回答です。」

綱紀委員会委員長の太田うるおう弁護士も、こんな綱紀委員会の議決書で「弁護士経験3年未満・・・。」ということを持ち出してくること自体、懲戒請求者である被害者家族を「馬鹿にし過ぎです。」(怒り)

では「弁護士経験3年未満・・・。」とかを考慮などと弁護士会綱紀委員会が言うなら、

新田裕子弁護士に「初心者マークのバッチ」でも付けさせたら如何でしょうかね(呆れ)

会代表は最初から、新田裕子弁護士では役不足と思い、ボス弁の澤田雄二弁護士を出された方がと新田裕子弁護士に伝えたのに断り、担当が澤田雄二弁護士と新田裕子弁護士のどちらでも変わりがないと言い切り、結局は澤田雄二弁護士に新田裕子弁護士が泣き付き・・・。

調子付いた澤田雄二弁護士が、介護被害者家族に「頭の悪そうな人ですね」と威嚇暴言侮辱発言・・・。

今回、宇都宮中央法律事務所が行った悪行は確実に確信犯です。

介護事件事故虐待で障害者にした年金受給者の被害者に慰謝料も支払わず数百万を請求するよりは、請求対象でも無い介護家族を代理人に仕立て上げて、数百万の一部でも支払わせてしまえば、支払いに同意した事に持ち込み被害者側を泣き寝入りさせる考えぐらい少し知識があれば分かります。

弁護士が「年金を差し押さえ」が出来ないことぐらい知らないはずがなかろうに惚けるにも程がある(怒り)

それで障害者にさせた被害者を介護施設から追い出してしまえば、慰謝料すら支払わずに済む。

損保ジャパン日本興亜としては賠償金支払わず万々歳!!

流石、損保ジャパン日本興亜が、お抱えの顧問弁護士!!


それが証拠に、母が介護施設から追い出され、介護被害者家族が澤田雄二弁護士を懲戒処分送りにして、損保ジャパン日本興亜の本社に連絡する約2年前後、一度も宇都宮中央法律事務所からの連絡は一度も無し!!

上記のような事を弁護士会への弁明で回答できるはずも無く、しかし栃木県弁護士会綱紀委員会委員も、予想は出来ているはずですが蓋をあければこんな議決書です(呆れ)

この議決が、懲戒委員会でどこまでまたひっくり返されるか?全て公開させて頂きます!!



今回、綱紀委員会では、会代表への聞き取りは無く議決、懲戒委員会の審尋では、懲戒請求者に呼び出しが掛けられるでしょうから、今度は懲戒委員の面を確認の為に出向く予定です。

まあ、会代表である介護被害者家族が施設で「暴言でも吐いているかの如く」、澤田雄二弁護士の懲戒委員会の議決でもされ迷惑しているので証拠を持って出向かせて頂きます。


さらに調停で、澤田雄二懲戒処分弁護士が、調停で収めれば・・・・。、裁判だったら「過失相殺を問う」などと「ふざけた事を言っている」ようですが「問えるか?問えないか?」裁判に持ち込んで、判例に残して貰いましょうかね(怒り)

どうせ老健「もてぎの森 うごうだ城」の施設名は既に公開されていますし、マスコミが取り上げ無くとも、関係者名は全て公開、今後の介護業界、介護被害者の為にも足跡は残させて頂きます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで


新田裕子弁護士の綱紀議決で、懲戒委員会審査相当がでた数週間後に新田裕子弁護士から栃木県弁護士会へ弁明書が提出されているか確認しましたが、まだ提出されておらず・・・・。

3月末日にも弁護士会へ、別資料請求の為に連絡、新田裕子弁護士から弁明書が提出されたか?弁護士会事務方に確認しましたが、提出されておらず、事務方から別資料の請求の時に前もって請求して貰っても良いと回答を受けました。

澤田雄二懲戒処分弁護士を始め、呆れた弁明書などの提出は早いのに、弁明書の開示請求されると言うことは、理解している筈ですが・・・・。

今回の新田裕子弁護士の綱紀議決では、澤田雄二弁護士の懲戒請求も絡んで、弁明書を提出しても逃げられないとでも思っているのか、未だに弁護士会に提出無し。


澤田雄二弁護士の弁明書の時のように弁護士は学校の先生、介護被害者家族は生徒なので「頭の悪そうな人ですね」と発言しても問題が無いなどという「馬鹿馬鹿しい弁明」を今度は、新田裕子弁護士にもお聞かせ頂きたいものです(呆れ)


老健もてぎの森うごうだ城「松徳会」木村勝則本部長にも先日、会代表がストーカー呼ばわりされた時に、新田裕子弁護士が懲戒委員会審査相当になっている事は知っていると言っていましたので、懲戒処分弁護士を代理人弁護士に立てる、老健もてぎの森うごうだ城「松徳会」木村勝則本部長として、指摘させて頂きますので。

介護事件事故虐待の加害者側殺人未遂施設が、被害者家族をストーカー規正法で、茂木警察署なのか真岡警察署なのか相談されるならどうぞ!!

新田裕子弁護士でも澤田雄二弁護士でも使って訴えるなりされて下さい、構成要件が揃っているならですが(笑)
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/04/02 Sat. 02:33 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 注意・特養「ましこの里 星の宮」&「多機能ホームましこの里 星の宮」に「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待当時 救急車も呼ばなかった責任者が何と!!「役職勤務」 介護グループ「松徳会」 「澤田雄二懲戒処分弁護士」「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」  |  <特別代理人「一木明弁護士」>栃木小1女児殺害事件の裏で、後回しにされた介護問題、介護被害者死亡、これも介護弱者への人権無視!?「栃木小1女児殺害の判決延期 来月8日に、宇都宮地裁 」 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/475-dcbfe1bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top