栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0417

「成年後見制度利用促進法」と「後見弁護士着服、過去最悪に・・・・。」  

成年後見人被害

成年後見促進法

会代表のコメント

司法関係者が横領して、法を守らないのに「成年後見制度利用促進法」とは・・・・・。

3年以内に法整備と言っても現状の成年後見人の問題が分からなければ改革も促進もしません。

先日の認知症JR事故の最高裁判所の判決での成年後見人に対しての判断などに関して、「成年後見制度利用促進法」を進める時に議論したのだろうか?

何か最高裁判所の判決の時期と「成年後見制度利用促進法」の時期に、違和感を感じるのは会代表だけだろうか?


認知症JR事故の最高裁判所の判決の疑問点をまとめて記事にした時にでも、「成年後見制度利用促進法」との繋がりをお話します。

簡単に申しますと最高裁判所の成年後見人に対する判断が、ちょっと違っていれば「成年後見制度利用促進法」に逆行していたかもという事です。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/04/17 Sun. 17:42 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 懲戒請求事件 調査開始書面 「若狭昌稔弁護士」わかさ法律事務所、弁護士会元会長「澤田雄二弁護士」(宇都宮中央法律事務所)損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士  |  <介護事件で弁護士の嘘・寝言>「一木明弁護士」(一木明法律事務所)「特別代理人」裁判所批判の次は「寝言を言い出しました、3月中は一木明法律事務所の「事務局」に調査させていた「奥さん一人の事務局」?さらに調停1回目の段階で、介護被害者家族にも3月中は栃木小1女児殺害事件で、動けない事は伝えていたと「完璧な嘘」弁護士資格持っていれば何でも有りなのか??? »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/502-9f620aa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top