栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0513

白鴎大学法科大学院(大学5時限目「リーガルクリニック」法律相談実習)無料法律相談、「介護問題と弁護士の懲戒処分」の法律相談の授業でありながら参加生徒数「ゼロ」とは「法科大学院」はどうなっているのか!?これが法科大学院の現状!?  

白鴎大学法科大学院 無料相談

法科大学院




本日、白鴎大学法科大学院 無料法律相談窓口に連絡。

介護事故、並びに弁護士の懲戒処分案件として、御相談したい旨を伝え、既に受付済み。

授業の一環として本学法科大学院生が立会い、勉強させていただくことがあります。

弁護士会の有料相談などは30分5000円程度で、先日弁護士会に出向いた時に聞いたら、弁護士会での相談は30分以上は行わないとの事で、単に弁護士との仲介的な意味合いが強い法律相談と感じ、母の案件のような介護問題の相談には不向きと判断。

特別代理人一木明弁護士が、「損害賠償の算定すら行わず」投げ出して、母が亡くなった事で解任されてはいるが、と言っても証拠も集められていない弁護士ですので話しになりませんが・・・・。ちょうど弁護士解任のタイミングで法科大学院に相談。

と言うのも弁護士に依頼されている案件は相談不可なので、以前からタイミングを計っていました。

もう田中正哉判事も調停委員も当てになりませんので、期待もせず、次に進みます・・・・。

ところで、白鴎大学法科大学院は、法科大学院の学生の募集はもうされていないのですが、その前に入学された方と卒業された方々も無料相談などの授業に参加されるとの事です。


さらに、白鴎大学法科大学院の講師などには、栃木県弁護士会絡みの方も多く、私が名前を知る弁護士も講師をしていることは知っており、前もって受け付けには、弁護士会や懲戒処分絡みの件も先に伝えておきました。

受付からは、当日誰が講師かまだ分からないとの事でした。

会代表が、栃木県介護被害者会の名を出して、受付の方に伝えたのは・・・・。

今回、白鴎大学法科大学院の無料相談の利用を求めているのは、勿論、法律相談も有ります。

しかし「授業の一環として本学法科大学院生が立会い、勉強させていただくこと」があるとの事で、これから司法家を目指す学生の方々に、たぶん介護問題の相談などは少ないはずですので生かして頂きたい。

さらに弁護士会副会長の「懲戒処分」が絡んだ問題など、司法学生の授業の一環として有効活用して頂きたいとの思いも受付にお伝えしております。


受付からは、では「学生の参加も宜しいのですね?」との問いに、

会代表からは「逆に是非、授業への参加を募ってください」とお伝えして有ります。


受付からは、介護問題の相談と言うことで宜しいですかと言われたので、「いえ」

会代表から「介護問題と弁護士の懲戒処分」で、学生さんを授業に募って下さいとお願いしております。


一人90分程度(聴取30分・検討30分・回答30分)

卒業生も参加が出来るとの事で、もし参加されたい方がおられたらご参加下さい!!

無料相談受付日(大学の5時限目)


2016年5月16日 16:25~17:15頃まで


その後、介護問題などで司法学生がお聞きになりたいことがあれば、会代表としては時間を空ける事も可能です。


さらに全国の法科大学院関係者で、授業などで「介護問題と弁護士の懲戒処分」を取り扱いたい方がおられたら、メールからお問い合わせ下さい、ご協力させて頂きます!!

会代表はセミナーや講習等の経験者でも有り、訴訟などに決着が付いても、余力が残っていれば何か出来ないかなどは現在考えております。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

昨日、白鴎大学法科大学院の無料相談の受付から、申し訳なさそうに連絡が入り、もしや2016年5月16日の法律相談がキャンセルと思ったら・・・・。

受付からは、、「生徒の授業への参加を募ってください」との事でしたが・・・・。

何と無料法律相談受付日(大学の5時限目)でもあるのに、参加生徒数がいないとの事。

会代表もそれを聞いて、(大学の5時限目)でもあるのに参加生徒数「ゼロ」とは、法科大学院はどうなっているのか!?

それとも法科大学院の生徒には「介護問題と弁護士の懲戒処分」の法律相談の授業には興味が無い!?


受付の方からは、生徒はいませんが、法律相談の講師などはおり、法律相談は行わせて頂くので「お越し下さい」との事・・・・。

余り申し訳なさそうだたので、会代表からも「普段の法律相談に参加する生徒数などは?」と聞きたかったのですが、聞くのを止めました・・・・。


授業名は、大学の時間割を確認したら、「リーガルクリニック」という法律相談実習のようでした。(画像UP)

是非、生徒さんからの意見もお伺いしたかったのですが、たぶん講師の弁護士さんと1対1での相談のようです。

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/05/13 Fri. 13:21 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 介護虐待「木村勝則本部長」と真岡市議との繋がりは!?「BICYCLE K.BROS」「もてぎの森 うごうだ城」「松徳会」行政に介護被害者家族 を侮辱人格否定・さらに「十字架を背負いながら、面倒を見させていただく。」と行政には「偽善者発言」  |  <石郷岡病院虐待事件>ご遺族様のブログ「弟のこと。~その陽はまだ沈まない~」にて、当会の事を「リンク&コメント」!! »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/533-7391a0b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top