栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0716

相談案件・「宇都宮市議との会話の中で、高砂荘案件を・・・。」「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」特養「高砂荘」(宇都宮市)「飯田福祉会 浜野 修理事長」「原告側 木村謙弁護士 盗撮弁護士 梅津真道容疑者と別事件」「被告側 澤田利夫弁護士/澤田雄二懲戒処分弁護士/増田智義弁護士/溝邉岳秋弁護士/新田裕子弁護士/海老原輝弁護士」「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士」続き31  

特養 高砂荘 飯田福祉会 浜野修理事長 澤田雄二 澤田利夫弁護士 損保ジャパン

木村謙法律事務所 宇都宮中央法律事務所

木村謙法律事務所 住所

宇都宮中央法律事務所 元ミユキビル

澤田雄二弁護士、宇都宮中央法律事務所、損保ジャパン日本興亜 ベンツ 3

木村謙法律事務所

宇都宮中央法律事務所 元ミユキビル 駐車場

損保ジャパン日本興亜 介護施設向け ウォームハート


■動画は↑↑↑③
端二三彦裁判長

端二三彦


梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所


 
■動画は↑↑↑

梅津真道弁護士容疑者逮捕

梅津 真道弁護士「あけぼの法律事務所」木村謙・澤田雄二3

木村謙法律事務所1

飯田福祉会 特養 高砂荘(宇都宮市)澤田利夫、澤田雄二 澤田総合法律事務所 損保ジャパン

飯田福祉会 高砂荘 浜野修理事長

飯田福祉会 高砂荘2

飯田福祉会 高砂荘

飯田福祉会 高砂荘1


飯田福祉会 高砂荘 浜野修理事長2jpg


飯田福祉会 高砂荘 浜野 修 理事長 介護事件事故虐待-horz

飯田福祉会 高砂荘 宇都宮市

飯田福祉会 高砂荘 浜野修

飯田福祉会 高砂荘 浜野修2

飯田福祉会 高砂荘 浜野修3

飯田福祉会 高砂荘 浜野修4


特養 高砂荘8

下野新聞記事1特養 高砂荘 飯田福祉会 浜野修理事長 澤田雄二 澤田利夫弁護士 損保ジャパン

審査請求書面2

相談障害手帳 特養 高砂荘 飯田福祉会 浜野修理事長 澤田雄二 澤田利夫弁護士 損保ジャパン

高砂荘 飯田福祉会 浜野修理事長

飯田福祉会 高砂荘 浜野修

飯田福祉会 高砂荘 浜野修 澤田雄二 澤田利夫 梅津真道

相談、口頭弁論調書

損保ジャパン弁護士法違反1

SnapCrab_NoName_2015-9-8_1-23-10_No-00.png

澤田雄二・新田裕子 損保ジャパン 宇都宮中央法律事務所

sawada.png

溝邉岳秋
2015年 度栃木県弁護士会 副会長(澤田雄二懲戒処分弁護士と「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」の同代理人弁護士)

溝邉岳秋(みぞべたかあき)弁護士 (登録番号, 35733) 
大銀杏法律事務所(おおいちょう)

2015年度栃木県弁護士会 副会長
東京大学大学院
溝邉法律事務所(現大銀杏法律事務所)開所
http://www.tac-school.co.jp/zkai/?cid=pd_zkai_001
澤田総合法律事務所勤務(澤田 利夫 弁護士・澤田雄二弁護士の父) 澤田雄二弁護士と同僚(上司と部下の時期有り。)
相談案件・「損保ジャパン日本興亜」 澤田雄二懲戒処分弁護士と「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」の同代理人弁護士

●相談案件・「特養で半身不随を放置・介護事件事故」宇都宮市



●特別養護老人ホーム「高砂荘」社会福祉法人「飯田福祉会」宇都宮市(リンクはこちらから!!)


特別養護老人ホーム「高砂荘」  社会福祉法人「飯田福祉会」 宇都宮市

全国で検索すると「高砂荘」という介護施設が検索されますが、宇都宮市「飯田福祉会」の特養「高砂荘」での「介護事件事故虐待」です。


社会福祉法人飯田福祉会 「浜野 修 理事長」 特別養護老人ホーム「高砂荘」
●栃木県地域包括・在宅介護支援センター協議会  会長 浜野 修
●栃木県社会福祉協議会 評議委員  (社会福祉法人理事長 浜野 修)


記事1

地元「下野新聞」が、何の絡みなのか?「施設名非公開での記事」しか載せなかった介護事件事故虐待です。

<記事抜粋>
「若い男に殴られた。警察を・・・。」宇都宮市の女性(60)は、

施設に入所していた母親(87)の繰り返した言葉が耳を離れない。

病院の集中治療室で、母親は職員の虐待を示唆するようなことを何度もつぶやいた。


この状況で、原告被告側 両弁護士が何を企み?依願退官前の裁判官は機能していたのか?

「宇都宮市」及び「宇都宮東警察署」は門前払い・・・・。


介護事件事故虐待 公開告発サイトへ相談案件登録済み

<介護事件事故虐待・公開告発地点>こちらか・・・。

飯田福祉会「高砂荘」のマーカー(地点)をクリックすると開きます。


飯田福祉会「高砂荘」のHPから浜野修理事長の画像を含め、施設関係者の画像が削除されました!!

画像削除の前に、ご遺族への謝罪が先なのでは(呆れ)

またサービス担当者会議及び施設サービス計画書を確認すると・・・・。

入所受入れ段階で「歩行時の転倒の危険性」が織り込まれているのが分かります。

介護計画で「歩行時の転倒の危険性」が織り込まれていて、「注意管理義務違反」も問えない弁護士、裁判所は何をしているのでしょうね・・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご遺族には依頼した弁護士がことごとく着手金貰って結果も出さずに弁護士辞任したのですが、何をしていたのかこの弁護士達は・・・・。

その辞任した、刑事告訴もできない横田康行弁護士、その後の梅津真道弁護士も刑事告訴も控訴もできないと辞任・・・・。

弁護士でも無い素人の会代表が、直告や刑事告訴もできているのに、「とんずらするだけの弁護士では話にならず」、これが弁護士の良く述べる依頼者の利益になっているのだろうか(呆れ)


今回の宇都宮市の福祉課での事故報告書の事故現場の図面になります。

さらに高砂荘の介護事件事故虐待から1ヵ月半後の半身不随にされた被害者の画像です。既に高砂荘からは離れています。

半身麻痺は左半身麻痺、右手は上げていますが、不自然に左肩から腕が力なく下がっていると思うのは会代表だけでしょうか・・・。

今回の記事のポイントは、事故現場の図面です、導線など分かりやすく引かせて頂きました。

ご覧頂いている皆さん何か疑問は感じませんか???

ご老人の行動などに介護経験がある方なら「うん!?」可笑しいな・・・・・。

会代表もご遺族からの説明を聞く前に「あれ?」

現場の高砂荘の施設はユニット(個室)利用です。


宇都宮市の事故報告書では、「事故発生時間 午前0時20分頃(深夜)」たぶんこの時間ですと、一眠りしてからの用足しの為の起き上がり行動か?それとも寝つきが悪く起きていたのか?

さらにこの時間だと、施設内の明かりも消灯時間で、真っ暗にはしませんが、少し明かりを落としている可能性があります。

「居室横のトイレ」と「事故現場近くの居室から離れたトイレ」・・・・。

ご覧頂いている皆さん、午前0時20分頃(深夜)に用足しに起きて、居室横にトイレがあるのに・・・・。

わざわざ居室から離れたトイレに出向きますか???

たぶん個室ユニットですので、日中フロアーに生活していたとしても、それまで独歩で歩けていたとすれば、人間というものは使い慣れていると思われる居室横のトイレに出向く感覚が有ります。

それも認知症を発症していれば、不穏行動になることは確かに有るのですが、「用を足すなど生理現象に感してはパターン化する」ことも有ります。

パターン化するので、オムツ、尿パッド交換などの時間間隔など考えて介護計画するのが介護。

その辺の介護知識が全く無い弁護士が疑問も感じずに・・・・。

「消防隊からも警察に調べて貰った方がと助言が有ったにもかかわらず」、刑事告訴せず。


それも横田康行弁護士と梅津真道弁護士が、澤田雄二弁護士の弁護のやり方、診断書などのやり口で不利に持って行かれた節が有るのですが、それであれば刑事告訴して、当事者の取調べなどをすれば、流れは変わっていたかと会代表は確実に思います。

現在、ご遺族に介護事件事故虐待に関係した病院・医師及び診断書の変更具合に疑問を持ち、まとめては頂いているのですが、事故発生直後の診断書であれば、被害者の「若い男に殴られた警察を・・・。」の発言があれば、その時に宇都宮東警察署が被害届にせずとも、刑事告訴して捜査する方向に持って行けた筈、弁護士であれば・・・・。

それをかかわった原告側弁護士が全く行っておらず、何の為に着手金を貰って依頼を受けているのか(呆れ)

ご遺族の力になれないなら弁護を受けるなよ。


数日前に、ご遺族と3度目になりますがお会いして来ました。

証拠関係の整理聞き取りと、後は今後ご遺族としてどこまで闘いたいか?どこまでの事を当会に求めたいか?などお話して来ました。

ご遺族から最初に、澤田雄二弁護士の懲戒処分を知られて当会に問い合わせ、初対面した昨年8月頃のご遺族の思い、会代表への印象と現在の半年以上経っての3度目の、ご遺族の思い、会代表への印象が変わって来ている事を、会代表は理解しております。

たぶん最初はご遺族としては澤田雄二弁護士を懲戒処分にした方なら、高砂荘の事件を公開してくれるだろうとの思い・・・。

それが、この半年に当会が実際行って来た、「懲戒請求、直告、刑事告訴、裁判所、弁護士対応などの動きを見れば」たまたま澤田雄二弁護士の懲戒処分が取れた会代表が人物なのか?

少しずつですが、ご遺族も、ご覧頂いている方も、この人物「何者!?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

まあそれを一番感じているのが、「澤田雄二懲戒処分弁護士、新田裕子弁護士」と「栃木県弁護士会」ですが(笑)


会代表の仕事のやり方として「大風呂敷広げて何が出来ます!!」などとは言うつもりは全く御座いません。

なぜ会代表がこのブログで、他の方から見ればこんな情報まで公開と思われている方も実際におられるのですが、会代表としては実際に「介護被害者家族として、被害者の母の代わりとして闘う為」に行って来たことを公開した方が、弁護士バッチ付けてはったり噛ましている弁護士より、現実味があると思いますので公開しております。

「はったりの何が出来ますでは無く、何をして来ました。」

それの方が相談者も理解しやすい筈です。


ただ、結構ギリギリのところで問題定義もしておりますので「根拠無く」同じような公開手法をすると大変な事になりますのでご注意されて下さい。「確実に知らない弁護士に相談すればそんな事は行ってはいけないという範疇ですので・・・(笑)」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




数日前に、ご遺族と4度目になりますがお会いして来ました。

お話していく中で、また疑問点が発覚・・・・・。

以前に、記事にUPした、宇都宮市作成の「事故現場の図面」に疑問点。

ご遺族と話している中で、事故現場でのフロアーのベランダの話が出て、会代表としては「ベランダ!?」

どこにベランダ(バルコニー)が有ったのか、ご遺族に確かめると「えっ!!」

何故、宇都宮市の作成図面には画像2番目のようにベランダ(バルコニー)などは、一切記載されていません。

ご遺族に聞くと、澤田雄二弁護士側からの事故現場の図面にも、ベランダ(バルコニー)の記載は無かったとのこと・・・・。

さらにご遺族からベランダ(バルコニー)の位置、スライドドアの位置をお伺いすると、ご遺族から実は宇都宮市作成図面のカウンターの位置が違っていた事も発覚。

後日、画像3目以降のカウンター位置の図面と高砂荘の建物の構造図面を入手。

裁判所にも高砂荘の建物の構造図面が提出されてはいたようですが、画像4枚目の構造図面には、ベランダ(バルコニー)が切れた図面で、今回ご遺族から提出頂く時に、切れた所にバルコニーを記載して頂いている状況で、最後の全体の構造図面でははっきりとバルコニーが図面に確認できます。


たぶん、介護施設や認知症入所者の行動が分からない、弁護士や裁判所、行政では分からないので、宇都宮市の事故現場の図面のようにベランダ(バルコニー)を削除したのか?削除した意図はあるのか?

なぜ、会代表がご遺族からベランダ(バルコニー)の存在を聞いて、「えっ!?」と思ったのか?

それは事故現場とされているトイレ近くに、ベランダ(バルコニー)が有ったとすると「行動経路の理由に疑問」が出て来るからです。

ご遺族からの話だと、バルコニーへの出入りは自由、ドアの鍵も閉まっていないとの事・・・・。

会代表としては、何か解せない思いが・・・。

本当に、本人居室のほぼ隣にあるトイレを利用せず、深夜0時過ぎに、居室からわざわざ離れたトイレに向かい転倒ですか???

被害者が、バルコニーに出入りする事や、帰宅願望が表れていた事は高砂荘への入所前から兆候が見られ、高砂荘への入所時の申し送りでも伝えられていたとの事・・・・。

また、カウンター位置が違って来るとなると、判決に記載されている内容と事故現場の作成図面との内容に違いがでて来るのですが・・・・・。

「一人でトイレに行き 同日午前0時20分ころ、居室に戻ろうとした際、転倒し、トイと居室との間にあったカウンターテーブルに前頭部を打った。(判決文記載)


宇都宮市の事故現場図面だと、わざわざカウンターテーブルを、「事故現場に近づけた事」になってしまうのですがね・・・・・。

それでなければ、「カウンターテーブルに前頭部を打った」ということにならない・・・・。

そろそろ皆さんもお気付きでしょうか?

会代表として、現場にいたのでは無いので「断言」は控えますが・・・・・・。


たぶん、これからまだ、疑問点は続きます、この後に出てくる疑問点を知れば、「あれれ・・・。」


原告側被告側共に、なぜ警察に入って貰わなかったのか?

弁護士は何をしていたのでしょう?

そう言えば、梅津真道弁護士は、栃木小1女児殺害の被告弁護団の弁護士なのだから、刑事案件としても疑問を持たなかったのだろうか?

さらにマスコミは取材までして施設名非公開の記事とは・・・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回の相談案件に絡んだ「病院&医師」辺りから、弁護士だけでは無く、医師のしがらみも絡んで来ます。

画像2番目に、ご遺族からご提出頂いた関係した「病院&医師」の流れ。


会代表も最初、何度かお話を伺う中で、余りにも関係した「病院&医師」が多いのでご遺族に資料にして頂いたのですが、もしマスコミが一度取材したぐらいでは、複雑な部分の把握は無理かと思います。

まず、前回記事でのバルコニーの問題を、頭に入れつつ。

今回、関係した「病院&医師」の流れだけの記事ですが、これに今後「複数の診断書」が絡んできます。

この診断書の診断が、「全部同じ診断なら」こんなに病院&医師が絡み、「医師の意見書取り合い」になることは・・・。

そして原告側(被害者側)の「横田康行弁護士」が、意見書の取り合いの段階で、ご遺族に弁護を降りたいと「弁護を投げ出し」
その後に、弁護を引き受けた「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」も最終的にご遺族が、当初拒む「高額な医学意見書」を取らなければ「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」も降りると言い出し、結局、当初ご遺族が拒む「高額な医学意見書」を取る羽目に・・・・・・。

「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」がご遺族に「高額な医学意見書」を取らせたのはいいが、梅津真道弁護士がひっくり返す事ができず、1審で棄却。


今度は「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」が、控訴するなら弁護を降りると言い出し、控訴の手続き方法も教えず、梅津真道弁護士から控訴するならこの日までと言われた日の残り、「平日4日間しか無い状況で、弁護投げ出し・・・・・。」

ご年配者のご遺族に、「控訴状の記載方法」を教えることも無く、「平日4日間」で、複雑案件それも相手側弁護士が、澤田雄二弁護士で受けてくれる弁護士が探せるはずがなかろうに・・・・・。

会代表でも残り4日間で弁護士を探せと言われても「無理」

「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」の確信的行為・・・。

まんまと原告被告側両弁護士により、介護被害者家族が泣き寝入りせざるを得ない状況に送り込み成功(呆れ)

現在、診断書をまとめていますが、今回の画像2番目の関係した「病院&医師」の流れだけ見ても疑問に気付く方がいれば「あれ?」と思うかもしれません。

ポイントは、⑥(B)澤田雄二弁護士が提出した医学意見書に対する、「別医師からの裁判所への上申書」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●「原告 盗撮弁護士 梅津真道容疑者」 「あけぼの法律事務所」「弁護士会へ懲戒請求」「特養で半身不随を長時間放置」特養「高砂荘」飯田福祉会 原告側(元) 木村謙法律事務所勤務「梅津真道容疑者」(リンクはこちらから)

相談案件の「原告 盗撮弁護士 梅津真道容疑者」ですが、ご存知の通り逮捕。

今回、梅津弁護士との会話音声動画を、マスコミにも流したのですが、盗撮弁護士事件は一段落のようで・・・。

当会はまだまだ、これからです。


日刊ゲンダイさんにも取材して相談案件を記事にして頂きました。

マスコミは相当、オブラートに包んで報道していたようですが、ネットの情報の拡散のほうが速いようです。

ご遺族にも動画音声を確認し頂いてからの動画UPです。

ご遺族としては「梅津弁護士は何をデタラメ言っているのか」との思いのようです(怒り)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

会代表の母の案件で、中々相談案件の調査資料を読み込むことが出来ないのですが、ご遺族にはその間に、ご遺族にしか確認できない事の確認をお願いしており、ご連絡も頂いております。

つい最近、今次案の裁判官、裁判長の居所が判明いたしました。

依願退官していたので、弁護士にでもなっているものと思いきや、天下りというか法務省管轄の・・・・・。

●千住公証役場 「端二三彦」 平成28年5月2日

法務省の公証役場への公証人としての人数等を見て、「あらら」・・・・・。

●指定公証人一覧(法務省)(リンクはこちら)

「端二三彦」裁判長、依願退官してから数年休んで、前職つながりで公証人として公証人役場へお勤めということのような・・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

損保ジャパン日本興亜 の動画ですが相談案件でも絡みますのでUPしておきます。

栃木支店宇都宮支社担当者との会話です、前動画での損保ジャパン日本興亜の嘘がバレます。

澤田先生に一任と回答しておりますので、これが紹介のレベルなのか?顧問弁護士としてのレベルなのか?

動画前半が、相談案件・高砂荘に関してのやり取り。

動画をご覧になりご確認ください。

これが介護事業大手の介護事件事故虐待問題への対応振りです!!

●損保ジャパン日本興亜 「高齢者虐待」代表取締役(二宮雅也/西澤敬二/高橋正美/佐藤史朗)「介護虐待・顧問弁護士の弁護士法違反を知らない損保!?」「澤田雄二懲戒処分弁護士・顧問契約継続」33,3/3(リンクはこちら)

さらにまだ資料を読み込む時間が取れませんので、公開できる情報から・・・。

原告側 木村謙弁護士と被告側 澤田雄二弁護士との繋がりです。

盗撮弁護士、梅津弁護士の事件で、元勤め先の木村謙法律事務所にマスコミが取材に行くかと思いきや日弁連元副会長はスルーのようで・・・・。

原告側 木村謙弁護士と被告側 澤田雄二弁護士の事務所は、以前、ミユキビル5階と6階の上下階で、ビルの駐車場には澤田雄二懲戒処分弁護士のベンツが常時駐車。

相談案件で何を企んだのか・・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

昨日、以前面識のある宇都宮市議と連絡を取り、栃木県で本気で社会福祉介護で、活動している県議はいないか尋ねたら即答で「いない」・・・。

今年宇都宮市長選と県知事選が重なり、選挙の時だけの社会福祉介護・・・。

宇都宮市内の介護事故相談も当会に入ってきているのですが・・・・。というとだいたいそういう案件は連絡した市議のところに相談が入ると自負。

どこの施設と聞かれたので「高砂荘」というと、あの平出の田んぼの中ですか。


はいそうです、簡単に事情を説明。

結局は、良くありがちな「裁判になる前に、言っていただければなどとの回答」・・・・・。

まあ、政治家は票にならないと動きませんので・・・。

私の母の問題に絡んだ「一木明弁護士」のことを知っているのは一木明弁護士に聞いていたので、世間話し。

澤田雄二の名前と澤田利夫弁護士の名前をだしたら、澤田利夫の息子が澤田雄二かいなどと知っている様子の回答。


いろいろと弁護士と絡んでいたのも聞いているので

まあまた何か、組める時があればと言う感じでの世間話しです(笑い)

ここまででしたら単なる世間話し、そんなことで会代表は動きません。

これも「布石」、ご遺族に後で宇都宮市議の名前をお知らせしますが、今後ご遺族が警察へ相談する予定が入っているのですが、そこで宇都宮市議も知っている介護事件事故案件ということが言えるわけで、その先の戦略はご遺族様へ!!
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/07/16 Sat. 09:09 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <道路使用許可&公安条例の確認・弁護士事務所前でも定点でなければOK!?>「抗議活動しながら、介護相談を受ける為の運動」木村勝則&片岡孝&澤田雄二懲戒処分弁護士(宇都宮中央法律事務所)にて  |  <愛知県介護施設内虐待「グループホーム野のユリ」>今後処分の可能性が・・・。「公益通報者保護法」「介護虐待告発者(元介護職員)への介護業界の嫌がらせ!?」施設長の長男と次女が虐待、施設長の長女は「ケアマネジャー」!!外部評価機関:福祉総合研究所(株)評価結果・安城市受理日(平成28年5月24日!?)大丈夫か?安城市!!施設長 「熊谷由紀子」 有限会社野のユリ(愛知県安城市)高齢者虐待「施設職員告発!」 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/607-9f57c10f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top