栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0719

ある弁護士ブログ記事の抜粋(訴状における弁護士連名記載について)簡単に言えば「アホな弁護士の威嚇での弁護士連名捺印です!!」懲戒請求なら弁護士会が擁護してくれますが、内容を知らないと発言した連名捺印の弁護士が被告になったらどうなるのかな?  

●訴状における弁護士連名記載について

 連名記載について、実態は一人しか担当していないのがほとんど、と書きました。

 連名で書いてあるからといって、通常よりたくさん弁護士費用を払っている、等といったこともありません。

 それでも連名記載するのが一般化しているのは、弁護士自身が意識しているか、していないかを問わず、

いわゆる「威嚇」効果でしょう。

 「こんなに弁護士さんの名前が書かれた訴状が届きました」と、飛び込んでこられる方は少なくないのですが、まさに「威嚇」成功、といったところでしょうか。

 余談ですが、そういったご相談に対しては・・・

 「実際は、一番上に名前が書かれている弁護士か、〈担当〉と書かれている弁護士以外は事件を把握していません」 

 「本当にそうなのか疑問でしたら、訴状の下の方に書かれている弁護士に直接質問してみてください。ほとんど答えられませんよ」とお伝えしております。

 ●あくまで「威嚇」ですので、実態はないのですが、事情を知らない一般の方には効果てきめんかもしれません。

 実際、弁護士数十名を連名で書いた通知書を送りつけた事務所に対して、送られた方が、「威嚇された」として、弁護士会に「懲戒請求」をされた事案がありました。

 もちろん、民暴案件やDV案件(弁護士の身に危険が及ぶ可能性がある案件)など、すべてにおいて連名記載が無意味とは考えません。

 しかしながら、不必要に威嚇される方が存在し、実際に懲戒請求までされている以上、将来的に是正されることになるかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会代表のコメント

ある弁護士ブログ記事の抜粋です(訴状における弁護士連名記載について)

以前から弁護士の連名捺印に関しては指摘して来ましたが、ある弁護士ブログ記事の内容が実情です。

記事にあるように弁護士会に懲戒請求まで出され・・・・。それでも

実は宇都宮地裁への調停6件分の中には、連名捺印で「詳細に知らないと回答し懲戒請求を掛けられた連名捺印の弁護士」もおります。

公開までお楽しみに!!

たぶん今回、訴訟になれば弁護士の連名捺印問題の関係を裁判所がきちんと指摘するのか???

さてさて・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/07/19 Tue. 17:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <愛知県介護施設内虐待「グループホーム野のユリ」>以前お勤めの方から長文のコメントを頂き了承を得て記事にUP「公益通報者保護法」「介護虐待告発者(元介護職員)への介護業界の嫌がらせ!?」施設長の長男と次女が虐待、施設長の長女は「ケアマネジャー」!!外部評価機関:福祉総合研究所(株)評価結果・安城市受理日(平成28年5月24日!?)大丈夫か?安城市!!施設長 「熊谷由紀子」 有限会社野のユリ(愛知県安城市)高齢者虐待「施設職員告発!」  |  <宇都宮市公安条例・不許可一転、許可!!>弁護士事務所前でもOK!!「抗議活動しながら、介護相談を受ける為の運動」木村勝則&片岡孝&澤田雄二懲戒処分弁護士(宇都宮中央法律事務所)にて »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/613-7f4560be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top