栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0414

介護問題での栃木県職員の言動に関して、国の出先機関である栃木行政評価事務所へ相談  

栃木行政評価事務所
http://www.soumu.go.jp/kanku/kanto/tochigi/tochigi07.html

行政相談は、国、独立行政法人、特殊法人等が行っている業務、県・市町村が国の委任又は補助を受けて行っている業務について、国民から受け付けた苦情や意見・要望を公正・中立な立場から関係機関に必要なあっせんを行い、その解決や実現の促進を図るものです。

 国、独立行政法人、特殊法人等の仕事、手続、サービスなどの関係で
  ● 苦情がある、困っていることがある
  ● こうしてほしい
  ● 苦情を申し出たが、説明や措置などに納得がいかない
  ● 苦情や困っていることなどについて、どこに相談してよいか分からない
  ● 制度や仕組みが分からない
 などがありましたら、お気軽にご相談ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●4月13日に会代表が、栃木行政評価事務所へ介護問題での栃木県職員の問題を国の行政機関になっているとの事で相談の為に連絡して見ました。

以前から地方公務員の問題対応などは、県の人事課もしくは担当部署それ以外に行政評価事務所が有る事は聞いていたのですが、イマイチ何ができる組織なのか???

国の出先機関なので、どこまでの事が出来るのか何が出来るなどの振れ込みは記載されているのですが、国として地方公務員への強制力は有るのかなど確かめる為に連絡しました。

電話をすると、何と民間でも相談で料金を徴収するシステムを国の出先機関が取っているようで、何分いくら、また音声は録音させて頂きますとコンピューター音声で案内・・・・。

やっと担当者が電話に出て、何が出来るのか?強制力はあるのか?尋ね、栃木県の問題なども訴えました。

結論から言うと、国の出先機関としての「行政評価事務所」ではあるが、栃木県、地方公務員への「強制力は無し」

ただ、窓口だけ設けて国側でも国民から意見を聞いていますよという窓口のようです。

わざわざ相談員貼り付けて、相談に国が料金徴収して音声録音、これで強制力も無いのでは「税金の無駄」ではと思いつつ、栃木行政評価事務所の立地されているところも土地の不動産価格の高いところに存在・・・。

という事で、栃木行政評価事務所としても、栃木県に不服があるなら裁判しかないとの事・・・。

会話音声が料金を徴収されて録音されていましたので、会代表側でも勿論録音。

後ほど、今後御相談される方の為にも公開を考えています。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/04/14 Tue. 06:36 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 薬50種「高齢者には中止考えて」 学会、医療者向け  |  栃木県個人情報保護審議会諮問通知書 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/62-139c5666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top