栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0805

ある弁護士ブログ記事の抜粋(訴状や準備書面には多数の弁護士が名前を連ねている場合の責任の所在について)全員同罪!!連名捺印しておいて、内容は知らないなどと弁明している弁護士がどうかしている!!  

訴状や準備書面には多数の弁護士が名前を連ねているが,実際には一人又は数名の弁護士が訴訟を担当しているというケースが共同事務所にはある。

このような場合,担当者以外の弁護士はどのような責任を負うのだろうか?

大阪地裁平成18年12月8日判決(判例時報1972号103頁)は,「訴訟委任契約の法的効果として依頼者に対する善管注意義務を負うから,外の弁護士の行う訴訟活動ににつき監視をし,必要があれば外の弁護士の訴訟活動を是正・補完するなどして適正な訴訟活動が行われるようにすべき義務を負う」と判示している。

つまり,担当弁護士に不適切な行為があって損害を被った場合は,依頼者は担当弁護士以外の弁護士にも損害賠償を請求することができる。

共同事務所に事件を依頼された方は覚えておかれるとよい判例だ。


この判例についての解説としては,高中正彦著「判例弁護過誤」(弘文堂)139頁以下が分かりやすい。


大阪地裁平成18年12月8日判決(判時1972号103頁)は、法律事務所の所長弁護士が受任した事件をイソ弁(居候弁護士の略。法律事務所に雇われて働く弁護士)が共同して受任し、所長の事務処理をしている間に、イソ弁が退所したところ、所長の事務処理の過誤により敗訴判決を受けたとして、依頼者が所長と元イソ弁に対して委任契約上の債務不履行責任を追及した事案である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会代表のコメント

弁護士ブログを覗いていると、某弁護士さんのブログ記事を抜粋させて頂きます!!

簡単に説明すると、連名捺印している弁護士で、威嚇目的で複数の弁護士の名を連ねていた場合

担当の弁護士以外にも弁護士が問題を起こせば、損害賠償請求を始め、責任追及できるということ。


まあ、当たり前の話だと思うのですが、弁護士業界は「威嚇が優先」で、担当でなければ責任追及されることは無いと思っている弁護士が多いのか???

会代表の母の事件ではきっちり、担当外の連名捺印した弁護士にも責任追及させて頂きますよ!!

栃木県弁護士会での懲戒請求の判断には、何か疑問が残るのですがね・・・。

連名捺印で、高齢者虐待を弁護士が行ったのなら全員懲戒処分であるべきなのですが・・・。

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/08/05 Fri. 22:36 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 相談案件・「浜野修 理事長が元、私的病院会 事務長部会副部会長!?」「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」特養「高砂荘」(宇都宮市)「飯田福祉会 浜野 修理事長」「原告側 木村謙弁護士 盗撮弁護士 梅津真道容疑者と別事件」「被告側 澤田利夫弁護士/澤田雄二懲戒処分弁護士/増田智義弁護士/溝邉岳秋弁護士/新田裕子弁護士/海老原輝弁護士」「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士」続き32  |  <緊急内部告発・島根県松江市 松浦正敬市長>松江市へ団体から要望書 某有料老人ホーム「高齢者虐待・皮膚剥離傷・傷害行為」松江市健康福祉部、内部告発を見過ごすのか!? »

コメント

一般庶民を威嚇する為に?正義って何でしょう?

弁護士とは #- | URL | 2016/08/06 08:24 * edit *

Re: タイトルなし

> 一般庶民を威嚇する為に?正義って何でしょう?

弁護士は、正義は建前、悪者だろうが何だろうが、依頼者の利益の為に威嚇でも何でもするのが弁護士!!

ドラマでのジャニタレ起用しての弁護士とは実際は違います。

介護被害者会代表 #- | URL | 2016/08/06 13:22 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/636-d25cb8cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top