栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0415

栃木県高齢者虐待対応マニュアルの疑問点?  

栃木県高齢者虐待対応マニュアル
http://www.pref.tochigi.lg.jp/e03/welfare/koureisha/fukushi/1271757363316.html

このマニュアルは、高齢者虐待の早期発見、早期対応を推進するため、虐待が発生した場合の具体的な対応や留意点を中心に記載したものです。
今後、このマニュアルが市や町、地域包括支援センターなどで活用されることにより、高齢者虐待事案への円滑な対応に資することが期待されます。
なお、平成18年3月に虐待の未然防止に主眼を置いた「栃木県高齢者虐待防止マニュアル」を作成していますが、虐待が後を絶たず、虐待への対応も多様であることから、防止マニュアルとは別に対応マニュアルを作成することとしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会代表のコメント

栃木県高齢者虐待対応マニュアルですが記事にもなり、参考にしているところも有るようですが、現実これを作成公開している栃木県高齢対策課が、このマニュアルに沿っているのかと思うと疑問ばかり・・・。

先日の栃木県庁での警察沙汰の時も、この高齢者虐待対応マニュアルの疑問点を高齢対策課の担当に質問しましたが回答できず・・・。

疑問に思ったのところというか、栃木県の虐待件数の公表データと厚労省の虐待データの推移の違いなどがありましたが栃木県の虐待に対する高齢者虐待マニュアルの「第6章 高齢者虐待対応事例」を見ると分かります。

「第6章 高齢者虐待対応事例」
http://www.pref.tochigi.lg.jp/e03/welfare/koureisha/fukushi/documents/1271757241970.pdf


上記の高齢者虐待対応事例を見ると何と、{家族や身内などの介護虐待事例のみ}記載???

>>栃木県高齢者虐待対応マニュアル
第4章 養介護施設従事者等による高齢者虐待への対応
1 養介護施設従事者等による虐待とは
2 養介護施設従事者等による虐待への対応
3 施設・事業所の取組


上記のように栃木県高齢者虐待対応マニュアルの「第4章」には、「養介護施設従事者等による高齢者虐待」の対応がまとめられているにも関わらず、「第6章 高齢者虐待対応事例」の内容には、「養介護施設従事者等による高齢者虐待」の事例などは無し・・・。

栃木県では少ないですがニュースになった介護従事者の虐待も御座います。

それにも関わらず、「家族や身内などの介護虐待事例のみ」で、「養介護施設従事者等の介護虐待事例」はマニュアルに載せないとはどういう事なのでしょうか???

高齢対策課が、「養介護施設従事者等による高齢者虐待」は、「第4章 養介護施設従事者等による高齢者虐待への対応」では取り上げるが、高齢者虐待対応事例では取り上げないと言う矛盾点。

これで、栃木県の介護虐待件数のデータの疑問点が見えてきます。






スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/04/15 Wed. 06:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 聖マリアンナ医科大病院の医師20人 指定医の資格取り消し 複数の処分は異例  |  薬50種「高齢者には中止考えて」 学会、医療者向け »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/64-3221dab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top