栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0416

聖マリアンナ医科大病院の医師20人 指定医の資格取り消し 複数の処分は異例  

聖マリアンナ医科大病院(川崎市宮前区)の神経精神科の医師が「精神保健指定医」の資格を不正取得したとされる問題で、厚生労働省は15日、平成22年6月から26年7月までに資格を取得した医師11人と指導医9人の計20人(うち11人が退職)の資格を取り消すと発表した。処分は17日付。

 厚労省によると、確認できる14年以降で、不適正なケースリポート提出にからむ指定医資格取り消しは4例目だが、複数の処分は異例という。

 厚労省によると、精神保健指定医は精神保健福祉法に基づき、自分や他人を傷つける恐れのある精神疾患の患者を強制的に入院させる「措置入院」や、身体拘束などの行動制限の必要性を判断する。資格取得には病院での一定期間の実務経験証明書や、患者8人以上を診察したケースリポートの提出が必要となる。

 しかし、処分を受けた20人のうち11人は、自身が診察していない患者のリポートを提出。カルテが残る過去5年分を調べたところ、24症例が複数のリポートで使い回されていた。「先輩に過去のリポートをもらった」「患者の情報を医局で共有していたので作成したが、認識が甘かった」などと釈明したという。残る9人は、11人の指導医として指導や確認を怠ったとして処分を受けた。

 厚労省は「あってはならない倫理観に欠けた行為」と批判。過去に出された申請と新たな申請を付き合わせて使い回しがないかなどを確認できるシステムを構築し、再発を防ぐという。

http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/150415/lif15041523160028-n1.html

------------------------------------------------------------------------------------------------

会代表コメント
高齢者福祉介護医療にも深く関わる、精神科、認知症病連の問題ではありますが、簡単に言うと国で決められた一定期間の実務経験など無視して、カルテリポートをたらい回しで使用して、実務経験に満たないものがカルテリポートを自分の医師の名前で捏造して「精神疾患の患者を強制的に入院させる「措置入院」や、身体拘束などの行動制限の必要性を判断」していたということです。

医療関係者が認識が甘かったで通るのでしょうかね、「措置入院」や、身体拘束などの行動制限が関係しているのですから・・・。

私の母の介護事件事故の老健の理事長も精神科医、その他精神科医の問題は、精神医療の業界でも10人の精神科医がいれば医療診断が十人十色で、診療のガイドラインが必要と叫ばれている業界、今後社会的にも精神科医に受診する患者は増える傾向にあるのできちんと襟を正して貰いたいものです。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/04/16 Thu. 11:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 栃木県弁護士会 弁明書開示請求  |  栃木県高齢者虐待対応マニュアルの疑問点? »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/65-e2f68d17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top