栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0422

介護従事者の賃金となぜか簡単に全産業平均賃金と比較するマスコミ記事  

「虐待許しますか? カネ払いますか?」 介護現場にうごめく感情の“不協和” 過酷な職場、低賃金、家族からのクレーム――。介護員のメンタルは限界に
http://mixi.at/a6O3Xpc

>>ちなみに、福祉施設の介護員の月給は、常勤で21万9700円、訪問介護員(ホームヘルパー)は22万700円で、全産業平均の32万9600円より約11万円も低い(2014年度)。介護計画を作るケアマネジャーも26万2900円と全産業平均を下回る。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会代表のコメント
いつもながらのマスコミのミスリードなのか分かりませんが、簡単に全産業平均の32万9600円より約11万円も低い(2014年度)と言われてもね・・・。

地元の求人誌でも、フリーペーパーの求人誌でも目を通せば、平均30万以上の職種がどれだけどのような仕事が載っているか見てみれば分かる話です。

年収数千万円の職種交えて平均賃金吊り上げたって、中小零細企業は何を言っているんだと言うレベルでしょう・・・。

まず、介護業界でも自身が勤めている介護施設や事業所の規模が、「大企業、中小企業、零細企業」なのか就業人数や利用者定員、その他の規模など考えればわかるはずです。

そこでのそれぞれの企業レベルの平均との比較&都道府県ごとの平均賃金などを考えれば現実が分かると言うものです。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/04/22 Wed. 02:08 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 選挙演説での社会福祉介護  |  介護事業所休止のケアマネさん引継ぎで、新たな施設への報告連絡相談を介護家族に自分でやったらいいじゃないですか・・・。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/73-cdc07a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top