栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

1127

まさか調停委員が名刺を貰い隠蔽!?宇都宮簡裁(調停委員)「調停主任裁判官 坂田和久」 「民事調停委員 小林惠」「民事調停委員 束原正記」「服部賢二書記官」   

宇都宮簡裁 坂田知久 小林惠 束原正記 服部賢二 重田恭一

宇都宮簡裁 坂田知久

宇都宮地方裁判

調停 福田富一知事 栃木県 高齢対策課

もてぎの森 うごうだ城 栃木県 福田富一知事 高齢対策課

重田恭一

宇都宮簡易裁判所

s-澤田雄二・新田裕子

会代表のコメント

昨日、早速、真岡簡易裁判所に、申し立てた調停に関して、期日指定の書面が届きました。

1通にまとめてもと思うのですが、全部事案により、封書で送ってきました。

取り合えず、申し立てた4件の調停ですが・・・・。


後程、書面の詳細も公開させて頂きますが、4件の内、3件が併合、1件が別調停。

併合とは、別申立されても一緒の案件として、調停もしくは裁判することです。

裁判になれば「併合訴訟」ということになります。


既に澤田雄二懲戒処分弁護士側、一木明弁護士が特別代理人に立った案件の加害者側からの調停が御座いますので、その案件に3件の調停が併合されております。

たぶん同時に調停申したてられた側にも調停の副本、呼び出し期日などの書面が送付されているはずですので、個人の場合は医療法人松徳会の澤田雄二懲戒処分弁護士では無く。

個人で別に弁護士を立てることも可能です。

いちようその辺の事も、申し立てた時に書記官とは話して来ました。

もう1件の別調停は、地方公共団体ですで、税金で弁護士を立ててくるか、職員が代わりに出てくるのか、まだ分かりません。

真岡簡易裁判所は、以前からの調停の期日に期日日を設定するのみで、事件内容もだいたい理解しているので、書面送付も早かったのかと思いますが・・・・。

慌てているのは宇都宮簡易裁判所の方かもしれません、6件の調停の申し立てで、申し立てられた側がややこしい相手なので、きちんと裁判所が中立公平を保てるか????

一からの内容事件の把握ですので、6件分、どのように併合扱いにするのか、回答を待ちます。


これからの調停では、今までのように参考人でも、単なる相続人扱いでは無くなり、会代表が調停事件の申立人ですので、話がとん挫すれば、調停不成立、訴訟への流れです。


裁判所としては1件の調停事件でもややこしいのに、これをまとめて訴訟にすれば、どうなるかぐらい予想はしているかと・・・・。


現在この調停に合わせ、刑事告訴分の告訴状作成中で、刑法など読み込みつつ作成中です。

介護虐待では高齢者虐待防止法での罰則規定が無いので、それに合わせて刑事訴訟法での刑事告訴扱いになります。


ですので扱う担当刑事により、理解が分かれるので、まずは納得させられる刑事告訴状と証拠を提出できるかが鍵です。


真岡簡易裁判所への調停事件の相手方はだいたい予想が付くかと思いますが、宇都宮簡易裁判所に調停申したてた件数も真岡簡易裁判所は知らないかもしれません。書記官に数名の対象者だけは話して来ましたが・・・・。

基本、真岡簡易裁判所と宇都宮簡易裁判所での連携は無いと裁判所で聞いて来ました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

1週間程前に、宇都宮簡易裁判所から、申し立てた調停に関して、期日指定の書面が届いていました。

宇都宮簡易裁判所、調停分6件

これで真岡簡裁と合わせて10件分の調停申立。


宇都宮簡易裁判所は、午前中呼び出し昼を挟んで、夕方まで時間を空けておくようにと書記官からお話がありましたので一日がかり・・・・。

1回目の調停ですから、会代表の方は調停申立の説明。

相手方が、誰が出てくるかで、併合の関係も変わってくるかもしれませんが、「調停不成立」で訴訟の事も考えておかないといけないので、まずは相手方が調停に対してどう出てくるか・・・。

まあこれを訴訟にしたら裁判所が嫌がるでしょうが(笑)

調停までの段取りがまだまだ有りますが、一つ一つの積み重ね・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

22日、宇都宮簡易裁判所、調停6件

真岡簡裁の流れでたぶん、6件全部不成立と言うことは予想が出来たので、Tシャツ姿で調停に・・・。

まあ、簡裁、調停委員によりこんなに対応が違うのかと思うほど、調停6件ということも関係しているのか?噂が流れていたのか?

宇都宮の調停委員、民間人2名さんは親身に聞いて頂けました、真岡の調停委員とは偉い違い!!

やはり宇都宮の調停委員さんでも、なぜ12日の真岡簡裁で、調停取り消し不成立を急ぎ「田中正哉判事と調停委員」が、もう1回調停日を設けなかったのかと疑問符?

会代表から完璧な真岡簡裁「田中正哉判事と調停委員」の嫌がらせですよ!!と話すと、宇都宮はそんなことは無いからと言って頂き・・・。

でも調停委員は中立だからと言われ、はい理解しております!!

最初から1時間、事情説明で時間を頂けており。

1時間説明した段階で調停委員さん2名、頭を傾げるように、「こんなに息子さんが病気を持ちながら介護にも頑張って、勉強もしていたのに、なぜこんな事になるのかと・・・・。」

会代表からは、はい、私の説明をきちんと聞いて頂けた方は、ほとんどそう言って頂けます!!

しかし、加害者側の弁護士絡み等、擁護する方には伝わらないでしょうから、真岡簡裁「田中正哉判事と調停委員」でも嫌がらせということに・・・。


1時間過ぎた11時頃から調停の相手方栃木県が待っており、たぶん争うという話だろうと思っておりましたので・・・・。

さっさと栃木県調停不成立。

ここで真岡簡裁と違うのは、不成立の確認する時に、調停室で申立人と相手方が同席して裁判官に不成立で宜しいかと確認されてから不成立という段取り。

真岡簡裁はそんな調停室で申立人と相手方が同席なんてことはしません。

栃木県側で来ていたのは、やはり・・・・。

高齢対策課 重田恭一班長

介護被害者家族に、なんでお金払わなかったのですか?なんで溜め込んでしまったのですか?発言


介護保険のグレーゾーンでのショートのロング利用については高齢対策課が見てみぬ振りして1年9ヶ月(在宅介護有り)

その問題については、高齢対策課 重田恭一班長が「コメントを控えます。」

上記の人物、会代表も初対面でしたが、ちゃっかり調停委員に県高齢対策課の名刺を渡していたようで・・・・。


赤ら顔で調停室に入室して来て、不成立でさっさ帰って行きました。

まあ施設の許認可機関の栃木県が関係ない、調停拒否ということです(怒り)

この後、澤田雄二懲戒処分弁護士と初めて対面!! 

長くなるので一度切ります、続きはまた後で!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

流石に、寝不足とストレスで、体調不良気味です・・・・。

取りあえず、前回の22日に調停の続きです。

栃木県が、対応を拒否し調停不成立。

さらに残りの5件の調停の詳細

・片岡孝 医療法人、松徳会 「もてぎの森うごうだ城」施設長、内科医
・損害保険ジャパン日本興亜

・澤田雄二 宇都宮中央法律事務所 代表
・新田裕子
・海老原輝

上記5件とも、澤田雄二弁護士代理人、もしくは澤田雄二・新田裕子・海老原輝3者で代理人として答弁書が届き。

加害者側、損保ジャパン日本興亜も含み、介護被害者相続人の調停に対し「申立人の請求を争う・否認ないし争う!!」(怒り)

殺人未遂犯、弁護士法違反弁護士よ、損保ジャパン日本興亜よ、さっさと慰謝料払えよ!!

答弁書が真岡簡裁と同じなので、対応も一緒と考えていたので、「やはり対応しない争うとの事で調停不成立」

これで10件の調停全て不成立!!

調停委員が澤田雄二弁護士に懲戒処分などの事を確認するが、日弁連に上がっているので回答拒否・・・・。

たぶん片岡孝、損保ジャパン日本興亜の事を調停委員さんが聞いても答えないでしょうから調停不成立でいいですよと調停委員に回答・・・・・。

調停委員さんもこれが裁判になったら原告になる会代表も大変だし、担当する裁判官も大変になりますよ・・・。

会代表から、でしょうね・・・・。

大変なことが分かっっていたので真岡簡裁の田中正哉判事が、いやがらせしてまで不成立&取り消しにしたかったのかと考えています。

介護問題事件の引継ぎもろくにできていない判事では介護事件は無理ですよ、書記官の顔色をうかがいながら申立人に対応しているのでは・・・・。

宇都宮簡裁で、澤田雄二弁護士は午後からの調停だったのですが、会代表が昼食を終え、早めに調停室のフロアーのベンチに座っていると、ハンチング帽を被った澤田雄二が出向き、相手はまだ私の顔を知っていたか分かりませんが・・・・。

会代表は直ぐに気づき、その後調停へ、直ぐに不成立で、こちらも真岡簡裁と違い、宇都宮簡裁では不成立の時に、申立人・相手方双方、並んで椅子に座るので、調停員さんに、会代表は構わないですが、澤田雄二弁護士が同席を嫌がりますよと笑いながら話し・・・・・。

会代表としては不成立で直ぐに頭を切り替えているので、清々しい気持ちで調停室で待っていると

澤田雄二懲戒処分弁護士が「口を一文字に結び、蒸気を上げるかのごとく顔が硬直しており」

流石に裁判官、調停委員の前では「頭の悪そうな人ですね」などと威嚇暴言侮辱発言する度胸も無く・・・・・。

不成立が確定したら早々と部屋から出ていきました。


調停不成立の証明書にサインをしなくてはいけないので、会代表は調停室に残り、サインしながら、調停委員さんと会話

澤田雄二弁護士、「不貞腐れていましたね」と話しながら、調停委員さんも真岡簡裁の調停委員とは違い、自分たち中立の立場だけど、このままだと大変だよ・・・・・。

まあ、大変だと思いますけど・・・。と答え、後は次の段取り・・・・・。


今更、ジタバタしても、栃木県で今から受ける弁護士は、ほぼ皆無(笑)

訴訟になっても訴訟だけが闘いでは無いと、考えているのが会代表ですので、まだまだ手立ては残しております(笑)

是非、相談案件のご遺族を始め、継続して御覧頂いている皆さんにも

澤田雄二懲戒処分弁護士が「口を一文字に結び、蒸気を上げるかのごとく顔が硬直しており」・・・・。

上記の状態を見せてあげたいぐらいでした!!

まあ、新田裕子ちゃんとお並びの時の、澤田雄二のにやけた顔と比べたら偉い違いかと(笑)

でも澤田弁護士が怒ろうが、脅そうがあいにく、2代目ボンボン弁護士の脅しでビビるような会代表では御座いません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

栃木県、福田富一知事が、介護被害者家族との対応を拒否し調停不成立。

その時の栃木県を相手方とする、調停期日呼出状。

調停に出向いたのは、高齢対策課 重田恭一班長


>>●高齢対策課 重田恭一班長

介護被害者家族に、なんでお金払わなかったのですか?なんで溜め込んでしまったのですか?発言


>>●介護保険のグレーゾーンでのショートのロング利用については高齢対策課が見てみぬ振りして1年9ヶ月(在宅介護有り)

その問題については、高齢対策課 重田恭一班長が「コメントを控えます。」

上記の人物、会代表も初対面でしたが、ちゃっかり調停委員に県高齢対策課の名刺を渡していたようで・・・・。


赤ら顔で調停室に入室して来て、不成立でさっさ帰って行きました。

まあ施設の許認可機関の栃木県が関係ない、調停拒否ということです(怒り)


これで、栃木県、福田富一知事が、栃木県民である介護被害者家族との対応対話を拒否致しました。

ではこの調停拒否・不成立になると、この後どうなるか?

栃木県高齢対策課

元高齢対策課課長 ●石崎金市氏
    
・元高齢対策課班長 ●亀田隆夫氏

・元高齢対策課副主幹 ●藤本延生紀氏
   
・ 元高齢対策課副主幹 ●寺内由幸氏

上記の連中が、「訴えるなら訴えろ!!受けてたつ!!」「弁護士連れて来い!!」とまで

栃木県民に「啖呵を切った」のですから・・・・。


今年知事選、まだ対抗馬無しですが、今回の介護事件事故虐待案件の報告は全て受けているはず

●高齢対策課に一任した栃木県、福田富一知事には、損害賠償請求の「被告」になって頂きましょう!!

今まで福祉行政に泣かされ泣き寝入りさせられて来た、介護被害者家族!!

都道府県、市町村などの地方公共団体は、いくらでも訴えを起こせます。

弁護士に相談しても行政相手の裁判は弁護士は避ける傾向に有り、提訴しても裁判官が片棒を担ぐこともあります。

しかし、何もしなければ、福祉行政職員は野放し、責任も取らず異動すればお咎め無し。

ちなみに会代表、既に「栃木県、福田富一知事を被告として提訴済み!!」

まだ、地元新聞社も知らないと思います(笑)、来週にでも情報だけは流しておこうかと・・・。


都道府県、市町村などの地方公共団体の介護福祉行政問題に関し

●「証拠が有り提訴したい方は、アドバイスさせて頂きます!!」

メールフォームからどうぞ!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

まさか調停委員が名刺を貰い隠蔽!?宇都宮簡裁(調停委員)「調停主任裁判官  坂田和久」 「民事調停委員 小林惠」「民事調停委員 束原正記」「服部賢二書記官」

宇都宮簡裁(調停)

調停主任裁判官  坂田和久

民事調停委員 小林惠  

民事調停委員 束原正記

服部賢二書記官


上記のメンバーが宇都宮簡裁の調停で、やらかしてくれた調停関係者・・・・。

さて、前記事で真岡簡裁のやらかしてくれた事は記事にしましたが・・・・。

実はあれだけでない事が、今回の宇都宮簡裁の問題で発覚いたしました・・・・。

真岡簡裁の判事、書記官を含めての調停委員の対応よりは、こんなにも違うのかと

宇都宮簡裁の、判事、書記官を含めての調停委員の対応が良いことに感じていたのですが

加害者の介護施設共々、また翻されました(怒り)


●栃木県高齢対策課 重田恭一班長が、ちゃっかり調停委員に

県高齢対策課の名刺を渡していたようで、赤ら顔で調停室に入室して来て、

不成立でさっさと帰って行きました。


宇都宮簡裁での調停後、上記のコメントを残しておりますが、その後、加害者側介護施設の

債務不存在確認訴訟の関係で、栃木県高齢対策課 重田恭一班長へ

老健「もてぎの森うごうだ城」が、故意・過失無し、損害賠償債務無しと言い出しているので

県高齢対策課から確認を入れるように求めましたが「拒否」

栃木県高齢対策課 重田恭一班長さんは、県民を舐めているようで・・・・。

そこで、電話で話している時に、重田恭一班長に、調停の時に調停委員に名刺を渡しましたよね?

と尋ねたところ渡したことを認め・・・・。


栃木県高齢対策課として、調停の場で、相手方である栃木県の担当者が、調停委員に名刺を切る問題が

理解されていないようで、栃木県も裁判所も何をやっているのかと(呆れ)

既に栃木県は、調停不成立、その後民事訴訟の「被告」になっている訳で・・・・。

提訴している原告の会代表が「問題を確認しないはずは無く」



まず、電話で、宇都宮簡裁の書記官「服部賢二 書記官」に連絡を取り・・・・。

調停の場で、調停委員が申立人もしくは相手方から「名刺」を貰うことなどはありえますか?

宇都宮簡裁「服部賢二 書記官」 「ありえません・・・。」

ですよね!!、でも調停に出向いた相手方、県高齢対策課 重田恭一は、名刺を調停委員に渡したことを認めていますよ!!

それに会代表も、調停委員の手元に栃木県の名刺があるのを確認しているのですが・・・・。

その場では注意しませんでしたが・・・・。


ただ、ちょっと気になったので、調停委員には、調停委員や公安委員会委員になられる方はそれまでの

栃木県の行政委員などされて登り詰めるようですよね、と笑いながら話しておいたのですが・・・・。

調停委員が世間話し程度の話だと思っていたのか、覚えているはずですが・・・・。

その時は、宇都宮簡裁「服部賢二 書記官」 「ありえません・・・。」と言っていたので

次回、債務不存在確認訴訟で裁判所に出向くまでに、調停委員に確認する事となりました。

ここまでは穏やかに会代表もやんわり指摘確認させて頂いていたのですが・・・・。

まさか、6件分の調停で、このままだと大変なことになると、調停委員からも言われていた本事件の事を

この後に、調停委員が「名刺のことなど覚えていないと言い出すとは(呆れ)」


債務不存在確認訴訟の口頭弁論後に、宇都宮簡裁の受付に出向き、調停調書の手続きを行い

宇都宮簡裁「服部賢二 書記官」にその後どうなりましたか?と尋ねると・・・。

何と、書記官2名が、「覚えていない・・・・」

「民事調停委員 小林惠」  
「民事調停委員 束原正記」

会代表としては、そんな馬鹿な!!調停から4ヶ月足らず、それも

このままだと大変なことになると、調停委員からも言われていた本事件の事を調停委員が覚えていない???

宇都宮簡裁「服部賢二 書記官」も「ありえません・・・。」と言っていたのですが・・・。

「あれれ・・・・。言い回しが可笑しくなって来たようで、必死に誤魔化す様子・・・・。

会代表は生憎、そういうことには敏感なので最初は、丁寧に書記官に対して・・・。

「え!!、調停委員が覚えていない」ですか、県は渡したこと認めていますが・・・・。

会代表からだったら、「調停の証拠として、県からの名刺が、裁判所に残っていると言うことですか?」

宇都宮簡裁「服部賢二 書記官」「いえ、残っていません・・・・。」


裁判所に残っていなくて、県からは名刺を渡したことは確認しているので、

もしかして、このままだと、調停委員2名が、名刺を私物化したという事ですか???

「この辺から、服部賢二 書記官の顔色が変わって来たのですが・・・・。」

名刺は貰わないと言っていたのが、「名刺なので貰っても問題が無い」という事にしたいようで

会代表から「分かっていますか?書記官」

地裁の書記官にも、確認しましたが、名刺などは貰わないとはっきり回答していただけており

何を誤魔化したいのかなあ???宇都宮簡裁

名刺は、ビジネス業界では「役職など明記された情報」ですよ!!

それを調停委員が私物化したとなれば、後で連絡を取り合う為と思われても致し方ないのでは???

「民事調停委員 小林惠」
「民事調停委員 束原正記」

この段階では、まだ調停委員の素性は調べておらず・・・・。

まさか「覚えていない」などと回答してくるとは思ってもおらず・・・・。

服部賢二 書記官の顔色が変わり、簡裁の受付で、話していたので他の裁判所職員も

耳を欹てている状況で、埒が明かず、再度書記官に、確認を求めて

17時過ぎていたので、話を終わりにしました。

翌日、宇都宮簡裁、別の担当者から電話連絡が入り

「名刺が何と見つかりました!!」


続きは後ほど・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/11/27 Sun. 09:37 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 調停委員が行政相手方の名刺を貰い隠蔽!?宇都宮簡裁(調停委員)「調停主任裁判官 坂田和久」 「民事調停委員 小林惠」「民事調停委員 束原正記」「服部賢二書記官」 裁判所は「ヤクザやキャバ嬢の名刺を調停で貰うのか、尋ねたら貰わない、ではなぜ行政からは!?」  |  調停委員とは何ぞや!?「既に調停委員にやらかして頂いていますので、調停委員とは何様?何者?」 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/768-e3db4990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top