栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

1212

やらかした真岡簡裁 田中正哉判事と弁護士業界の繋がり(判事補弁護士職務経験制度の1期目、2年間は弁護士!!)「調停主任裁判官  田中正哉」 「民事調停委員 薄羽豊典(薄羽事務所 司法書士)」「民事調停委員 栁田佐代子」「沓水暁子書記官」 平成17年度53期  田中正哉 判事補 シティユーワ法律事務所(一弁)  

田中正哉判事 真岡簡裁 沓水暁子書記官3

田中正哉判事 真岡簡裁 沓水暁子書記官 弁護士職務経験判事補
田中正哉判事 真岡簡裁 沓水暁子書記官

真岡簡裁 田中正哉 

真岡簡裁 田中正哉 沓水暁子 薄羽豊典 栁田佐代子

宇都宮地方裁判 真岡支部

田中正哉判事 知野明判事 沓水暁子書記官 澤田雄二弁護士、一木明弁護士、

田中正哉判事 知野明判事 沓水暁子書記官 澤田雄二弁護士、一木明弁護士3

薄羽豊典1

薄羽事務所 司法書士

調停取り下げ 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 澤田雄二弁護士 介護虐待施設

受継申立書 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝

松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝

求釈明書

調停 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 介護虐待施設
調停 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 介護虐待施設1
調停 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 介護虐待施設2
医療法人松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝
医療法人松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝1
医療法人松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝2
調停 市貝町 入野正明町長

■受継調停分、相手方、松徳会 もてぎの森うごうだ城
松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝

真岡簡易裁判所

松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・もてぎの森うごうだ城8


木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師 ジャガー1

木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師 BMW888

もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・みながわ桜園 ましこの里星の宮 「松徳会」 

SnapCrab_NoName_2016-5-14_11-17-1_No-00.png


木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師17JPG

もてぎの森 うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・みながわ桜園 ましこの里星の宮 「松徳会」

会代表のコメント

医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」
理事長 松田 源一 精神科医
木村勝則 本部長


医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待嫌がらせ事件の調停の受継申立書(調停継続)

特別代理人「一木明弁護士」が、嫌がらせで被害者家族に渡すことを拒否した「求釈明書」が先週、届きました。

本日7月12日調停日なので、数日で「求釈明書」の量を見れば確認は無理。

明日は調停4回目加害者側が受継申立した件と、先日会代表が真岡簡裁に4件の調停申し立てを行った件で裁判所に出向きます。

今までの調停3回と大きく違うのは、会代表の相続が確定、参考人では無く、当事者として出席できると言うことです。

さらにこちらから調停申し立てしたぶんの調停の併合も確定。

親族の相続放棄の協力により、息子である会代表が相続人に確定、これからが「やっと本番です」!!

借金と同じで、相続放棄しなければ、損害賠償及び支払いの当事者となります。

簡単に言うと、加害者側が申し立てている数百万円の支払い請求対象者が、会代表になると言うこと。


まあ、介護虐待介護事件事故の加害者「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」と懲戒処分澤田雄二弁護士が、すでに損害賠償請求の調停申立てをしている会代表に支払い請求がどこまで出来るかがこれからが勝負・・・・。

加害者側の支払い請求の問題点は、突っつきどころ満載なので・・・。

調停不成立になって訴訟になっても、「損保ジャパン日本興亜の後遺障害認定」自体、第三者機関に判断せず、持ち出して来た認定なので、確実に「損保ジャパン日本興亜」を法廷に引きずり出して上げます!!

訴訟になれば、「損保査定と裁判査定での今までの矛盾点を徹底的に突かせて頂きます」ので、そうなればどうなるか?

損保査定と裁判査定の差額で儲けている関係者や片棒を担いでいる関係者が山ほどいますので、炙り出して上げます!!


後々「損保査定と裁判査定」のカラクリも記事にさせて頂きます!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント


医療法人社団 「松徳会」介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」

医療法人社団 「松徳会」
松田源一理事長
木村勝則本部長

上記医療法人プラス経営者2名、人の親(母)を殺しかけ障害者にしておいて、調停申し立ての答弁書で

加害者側が 介護被害者相続人の調停に対し「申立人の請求を争う・否認ないし争う!!」(怒り)

殺人未遂犯、弁護士法違反弁護士よ、損保ジャパン日本興亜よ、さっさと慰謝料払えよ!!

●偽善者ども!!(怒り)

この後12日に調停でその後に、加害者側と警察沙汰・・・。

完璧にこれから分かりますが、真岡簡易裁判所 田中正哉判事と調停委員の企みで、一方的に調停不成立にされました(怒り)

では相手方の特別代理人まで無理くり「一木明弁護士」を立てた加害者側の調停申し立てはどうなったのか?

次回記事にさせて頂きます!!


真岡簡易裁判所 「田中正哉判事と調停委員の企み」は宇都宮地裁本庁の受付でも、流石に裁判官の否定発言はしませんが疑問を感じている様子でした・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

先日真岡簡裁調停4件分の公開と、既に調停中の受継された調停期日呼出状。


申し立てた4件調停分
医療法人松徳会(法人)
松田源一(理事長)
木村勝則(運営本部長)
市貝町 入野正明町長(介護保険保険者)

予告として、調停後に木村勝則(運営本部長)・片岡孝(施設長)と警察沙汰!!

まあ、裁判所を始め、加害者側施設&弁護士、行政が「なめた事」をしてくれました!!


12日の調停で何が起きたか?

12日の真岡簡裁の調停では、田中正哉判事も同席することなく、調停委員の方2名と受継申立書(調停継続)された分と
会代表が申し立てた4件分の調停を進めるはずだったのですが・・・。

最初に調停委員2名のみの調停室に入り、席に座ったところ、相手方が調停にそぐわないとかで取り下げしたいと言っているとのこと?

受継を申し立てて(調停継続)おいて、今度は取り下げ???


澤田雄二懲戒処分弁護士が来ていたのか、この日は裁判所の駐車場にいつものベンツは無く・・・・。

取り下げて支払い請求をしないと言うことでもなく、「訴訟事件」にしたいと言うことらしい。

やっと相続も関係済んで、当事者になったと思ったら取り下げ、さらに会代表からの加害者側の調停も拒否するとのことで不成立にしたいと言っているとのことで、調停委員には何度か、22日にも宇都宮簡裁で調停があるので、拒否したのですが・・・・・。

調停委員2名からはでは、もう1回ぐらいは調停日を設ける事は可能、それで相手方が来なければ不成立と言うことにと話しが有り・・・。

22日にの調停分と、12日に不成立に取り消しにされるとその14日間以内に訴訟に以降すれば訴額手数料が無駄にならない件もあるので、もう1回調停日を設けて貰えれば、たぶん22日の調停分も不成立の予想は付いたので、訴状をまとめるにも22日に不成立になって12日分の14日間目が26日。

22日から4日間、その間にどれとどれを訴状にまとめるか?調停不成立の証明書手続きも有り・・・・。

12日分と22日分の調停不成立分を纏めることなく、12日分だけ先に提訴するかなど考えると、どう考えても裁判所としても面倒なはず・・・・。

何がしたいのかなあ? 特別代理人「一木明弁護士」まで付けて中途半端に解任した真岡簡裁は???

澤田雄二懲戒処分弁護士側とすれば、地方自治体の調停2件を除けば8件が医療法人松徳会事件

逆に宇都宮中央法律事務所、委任代理人退職した大内一宏弁護士以外、澤田雄二、新田裕子、海老原輝弁護士3名

もちろん澤田雄二には弁護士事務所代表として退職した大内一宏弁護士の分もきっちり責任を取らせるつもりでしたので・・・・。

これでは受継しても・・・・。

調停委員には、取り下げ不成立と言うことは、相手方「医療法人松徳会」「宇都宮中央法律事務所」としては賠償金慰謝料欲しいなら訴えろと言うことですか?確認して貰えますか?調停委員に頼み一度待合室へ・・・。

再度呼ばれたら、今度は調停室に、田中正哉判事、沓水暁子書記官もいて、席に座ると間髪いれずに

澤田雄二弁護士印の取下書を、目の前に出され、田中正哉判事に取り下げましたから!!

「はあ?」やってくれたなこの裁判官・・・・。


「調停委員2名からは、もう1回ぐらいは調停日を設ける事は可能」と言われましたが?と判事に尋ねると

取り下げたので調停は行いません、田中正哉判事。

他の会代表が申し立てた調停も全部4件とも不成立・・・・。

そこで22日の宇都宮簡裁での調停の件、訴状は纏めた方が裁判所としても宜しいのでは?提訴するにも22日から4日間では難しいことも全て話したのですが、「田中正哉判事」拒否

これは確信犯だなと思い、「田中正哉判事」にだいぶ、澤田雄二弁護士を擁護されるのですね!!と一言・・・・。

結局、引継ぎもろくに出来ていない裁判官では駄目ということです、取り下げした時も、沓水書記官の方をチラチラ見ながら対応している状況で(呆れ)

もう頭を切り替えるしかないので、分かりました、不成立の証明書の申請をしますので、手続きを進めて下さいと言うことで

真岡簡裁調停終了!!

たぶんですが、調停を纏められて、訴額を考えても、これで提訴の時は、真岡簡裁「田中正哉判事」のところでは無く

宇都宮地裁本庁扱いなので、「田中正哉判事」取下げ不成立の時も、宇都宮簡裁の関係性どうこうより
真岡簡裁としてはこうですからと言う意味の回答をしており。

良く4月ごろ異動で裁判官が引き継いだ事件はひっくり返されることや問題が多いと聞いておりましたが、「やはり」ということかと・・・。

まあ市貝町も調停拒否との事でしたのでこれで新たな訴訟を起こさない限り、真岡簡裁とはかかわらなくて済みます。

後はたぶん22日の調停も全部不成立、訴訟になったら会代表が狙っていることがあるのですが、それはみのった時にでも。

この翌日に宇都宮簡裁に出向き、真岡簡易裁判所 「田中正哉判事と調停委員の企み」は宇都宮地裁本庁の受付でも、流石に裁判官の否定発言はしませんが疑問を感じている様子でした・・・。

宇都宮地裁本庁の受付に、はっきり言われたのは調停分が多いことも伝え、これバラバラに提訴すると、裁判官には複数の裁判官に纏めて事件が渡され振り分けられるので、併合出来る出来ないはありますが、頻繁に裁判所に来ることになりますし、複数の裁判官でバラバラになりますよ!!

さらにバラバラに提訴すると訴額の手数料、郵券の金額も違ってくるので、提訴する側に負担が多いとの事・・・・。

そうですよねと会代表も頷き、その問題を真岡簡裁の判事にも伝えたのですが、真岡は真岡なのでと言われて・・・・。

訴額の手数料、郵券の金額も結構、纏めると纏めないでは調停件数が多いので負担の違いが・・・・。


もうこの辺のことを、宇都宮地裁本庁の受付に聞いたときには「田中正哉判事」の嫌がらせか?と思うほど・・・。

まあ切り替えるしか無いので、宇都宮地裁本庁の受付も複雑案件ということは、調停10件と聞けば直ぐ分かるように

だったらこうしたらというアドバイスを受け現在、資料作り。

たぶんこちらで提訴すれば澤田弁護士側が反訴するつもりなのでしょう!!

まあ、もう澤田雄二弁護士には言っていますが、裁判になったら裁判官の前で、私に言った「頭の悪そうな人ですね」と発言させてあげますので覚えておくように!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

真岡簡裁(調停)

調停主任裁判官  田中正哉

民事調停委員 薄羽豊典  

民事調停委員 栁田佐代子

沓水暁子書記官


上記のメンバーが真岡簡裁の調停で、やらかしてくれた調停関係者・・・・。

調停を強引に不成立にするは、取下げにはするは・・・・。

特別代理人 一木明弁護士には、損害賠償金の算定もさせないは・・・。

調停委員が黙秘はするし、特別代理人が3月は活動できないと聞いていながら教えないし・・・・。

まあ、澤田雄二懲戒処分弁護士を擁護するにも程があるといったぐらいやらかしてくれました(怒り)


既に宇都宮簡裁、調停委員及び、他の司法関係者からも、真岡簡裁での調停の対応に疑問があると確認しており

今後、どうするか、民事提訴分が落ち着くまで保留・・・。

沓水暁子書記官には、宇都宮簡裁の調停委員が対応が可笑しいと言っていたことなどは、

木村勝則本部長宅の警察沙汰の件と一緒に伝えております。

民事調停委員 薄羽豊典   

薄羽事務所(司法書士)
所在地: 〒321-4305 栃木県真岡市荒町3丁目13−6
電話: 0285-80-1340

NPO法人ましこイーまちネット(益子町)  代表 薄羽豊典

薄羽氏は、裁判所近くで司法書士をされていることが確認できております。

司法書士なら問題が分かるはずですが・・・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

真岡簡裁(調停)

調停主任裁判官  田中正哉

民事調停委員 薄羽豊典  

民事調停委員 栁田佐代子

沓水暁子書記官


上記のメンバーが真岡簡裁の調停で、やらかしてくれた調停関係者・・・・。

先日、宇都宮簡裁の調停委員が、行政から名刺を貰っていた問題で、もしや?

真岡簡裁は如何に!?と思い、真岡簡裁 沓水暁子書記官に連絡。


電話で最初に確認した時は、沓水暁子書記官も調停委員が名刺等は貰わないと言っていたのですが・・・・。

早速、次の電話の時に沓水暁子書記官が誤魔化しに動いて来ました・・・・。

結論から申しますと、真岡簡裁の調停委員も「やらかしていました!!」

何と、市貝町保健福祉課の金田氏から名刺を調停委員が貰っていました・・・・。

しかし、それを真岡簡裁が、隠蔽したいようで・・・・・。

何と沓水暁子書記官が、調停委員が名刺を貰ったか貰っていないか、調べない発言!!

さらに、沓水暁子書記官が「もう、終わったこと!!」

流石、澤田先生と連呼した、沓水暁子書記官・・・・・。

もちろん、田中正哉判事に確認せず、沓水暁子書記官の判断でこんなことを判断できるはずも無く

真岡簡裁ぐるみで「揉み消し・・・・。」

宇都宮簡裁では、名刺を貰ったかどうかは調べましたがと伝えるが・・・・。

沓水暁子書記官が「宇都宮簡裁とは違うので、真岡簡裁は調べない」と(呆れ)


裁判所がこんな対応していていいと思っているのか国民の税金で!!

それも調停では、申立人から「手数料」も取っているくせに!!

それも会代表は4件分も真岡簡裁で、手数料支払っているのに、沓水暁子書記官の誤魔化し対応。

真岡簡裁の受付で、ひと悶着あって、名刺を貰った、民事調停委員 薄羽豊典(司法書士)とも連絡が取れず

たぶん会代表に調停委員に確認すると言われた沓水暁子書記官が、民事調停委員に対応しないように

伝えていると思います・・・。

まあ、司法書士事務所は分かっているので、いつでも確認させて頂きます。


ということで、市貝町の調停調書(不成立)を、収入印紙で手数料し払って開示して来ました。

この調停調書を基に、名刺の証拠保存を地裁に申請するつもりです。

既に、地裁の書記官には伝えており、真岡簡裁でも名刺を貰っていましたと書記官に伝えると、

何とも言えない顔をされていました・・・・。

この名刺の件と、以前から代理人許可申請を教えなかった件や嫌がらせ

弁護士擁護の件は確定したので、民事提訴が落ち着いた所で、問題視させて頂きます!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

真岡簡裁(調停)

調停主任裁判官  田中正哉

民事調停委員 薄羽豊典  

民事調停委員 栁田佐代子

沓水暁子書記官


上記のメンバーが真岡簡裁の調停で、やらかしてくれた調停関係者・・・・。

田中正哉判事と弁護士業界の繋がりが分かりました・・・・・。

弁護士を擁護する筈です!!  


●判事補及び検事の弁護士職務経験に関する法律(平成16年6月18日法律第121号)(=弁護士職務経験法)

平成17年度から,任官10年以内の判事補及び検事の一部について,弁護士職務経験制度(=他職経験制度)が実施されています。



以前には、これと似た、「判検交流」という制度が有りましたが
判検交流(はんけんこうりゅう)とは、日本の裁判所や検察庁において、一定期間、裁判官が検察官になったり、検察官が裁判官になったりする人事交流制度のことである。

問題点[編集]
法務省の訟務検事として国の代理人を務めた裁判官出身者が裁判所に戻って、国を相手取った賠償請求訴訟を担当するのは裁判の公正を損なうと日本弁護士連合会などから指摘されている。また、検察官と裁判官が密接になることによって捜査情報が漏洩しやすくなることも指摘されている[2]。そのため、日本弁護士連合会などから判検交流の禁止を求める意見は強いが、現在の日本において判検交流は未だに完全な廃止が実現されていない。

規模の縮小[編集]
上記のような批判に対し、「誤解を生むような制度は続けるべきではない」との判断から、刑事裁判の部門における判検交流が2012年度から廃止されたとされている[4]。しかし、民事裁判の部門における判検交流については規模を縮小するものの引き続き存続される方針であるという。

「判検交流」が賛否あり規模縮小になっているのに・・・・。

●判事補及び検事の弁護士職務経験に関する法律(平成16年6月18日法律第121号)(=弁護士職務経験法)

平成17年度から,任官10年以内の判事補及び検事の一部について,弁護士職務経験制度(=他職経験制度)が実施されています。



上記のような制度が、現在までも続けられているとは・・・・。

ズブズブになるのは誰でも分かる所かと(呆れ)


それも17年度から法制度開始の●判事補及び検事の弁護士職務経験に関する法律(平成16年6月18日法律第121号)(=弁護士職務経験法)の1期に、田中正哉判事、当時判事補の名前が・・・・・。

●シティユーワ法律事務所

平成17年度からの弁護士職務経験判事補の名簿
53期 
田中正哉 判事補 シティユーワ法律事務所(一弁)


2年間は弁護士業務に、判事補の弁護士職務経験にて就いていたということです。

どう考えても、以前は知的財産権の部署にいて、介護など分からない判事が、知野明判事の交代により途中から判事で

引継ぎもできていないのでは、それも相手方の弁護士は弁護士会元副会長の澤田雄二弁護士・・・・・。

まあ、田中正哉判事が片棒を担いだのも分かりやすいところですね・・・・。

行政から名刺を貰っているのは確定、その他嫌がらせしたことも、宇都宮簡裁の調停委員及び弁護士に確認して

真岡簡裁は「可笑しいですね、なぜ!?」と言われるぐらいのことを

「田中正哉判事を始め、調停委員、沓水暁子書記官にはされましたので

このままでは終わらせません(怒り)


どうせ、この判事は退官して弁護士になるのも早いかも知れませんので、それまでにきっちりと

判事の時にやらかした行いを、ネットに残しておきましょう!!
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/12/12 Mon. 17:27 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <茂木町提訴受理>被告 茂木町町長「古口達也」(元助役)コメントすることは御座いません介護被害者家族の訴えを無視、「烏合田小学校跡地」の老健「もてぎの森 うごうだ城」理事長「松田源一」や「木村勝則本部長」との繋がり、栃木県と市貝町と提訴併合!!  |  何と真岡簡裁(調停委員)も行政相手方の名刺を貰い隠蔽確定「調停主任裁判官  田中正哉」 「民事調停委員 薄羽豊典(薄羽事務所 司法書士)」「民事調停委員 栁田佐代子」「沓水暁子書記官」  »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/778-b6f25874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top