栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0427

社会福祉法人とは、特養介護関係者どこまで理解?  

社会福祉法人(しゃかいふくしほうじん)とは、社会福祉事業を行うことを目的として、社会福祉法の定めるところにより設立された社会福祉法第22条で定義される公益法人をいう。法人税上では公益法人等にあたる。

障害者や高齢者などを対象とした各種福祉施設や保育園、さらには病院や診療所などの医療機関の運営主体となる。また介護福祉士や保育士を養成する専修学校を運営している法人も存在し、同一法人内の福祉施設との連携を特徴としていることがある。このような性格から、収益事業と看做されない事業については法人所得税・法人地方住民税・事業税・消費税・固定資産税は原則非課税となってい

内閣府規制改革会議公開ディスカッション(平成26年3月25日)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会代表のコメント

先日、ご紹介した「内閣府規制改革会議公開ディスカッション(平成26年3月25日)」の会議の内容を見て頂ければ、介護事業所、社会福祉法人、厚労省、有識者などの言い分やパワーバランスなど理解できたかと思います。

>>「収益事業と看做されない事業については法人所得税・法人地方住民税・事業税・消費税・固定資産税は原則非課税」

民間が上記の税が非課税になっていればどれだけの民間企業が黒字になっていることか・・・。

もう一度、税制控除の目的の社会福祉法人では無く、原点に返った社会の為の福祉を考える、社会福祉法人になって貰いたいものである。

最近の傾向として、医師、歯科医などが、自身の病院経営がままならないので、社会福祉法人格を取り、安易に介護業界参入傾向に有り危惧するところである・・・。

会代表もそんな医師、歯科医に既に会って来ており、全然社会福祉の信念も感じない方が多くおります・・・。

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/04/27 Mon. 04:57 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 公開ディスカッションで語られる社会福祉法人と、実際の社会福祉法人が行っている事の違い?  |  栃木県公安委員会 苦情申出に対する誤魔化し回答 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/79-a8f66d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top