栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0430

NPO 法人とちぎボランティアネットワーク  

NPO 法人とちぎボランティアネットワーク
http://www.tochigivnet.com/

フードバンクとは
日本では毎年500万トン~800万トンもの食べ物が、まだ安全に食べられるにも関わらず廃棄されています(食品ロス)。一方で、日本には貧困線以下の生活を強いられている人が数十万人います。フードバンクは、そうした食べ物を生活困窮世帯など支援を必要とする人たちに運び、有効に使ってもらう運動です。

食品の寄贈、
寄贈を受けたい団体、
ボランティア、
運営費の寄付を募集しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会代表のコメント
栃木県内のNPO法人さん、たまたまツイッターで、この法人の事を知りました。

フードバンクというのは以前から耳にしていたのですが、今や日本での困窮世帯は貧困のご老人、児童、シングルの方々など幅が有り、特定の貧困層に対してのボランティアはあるのですが、チャリティーやボランティアは根付かないですね・・・。

会代表もアパレル関係の仕事柄、ある介護関係者から施設の利用者でも冬場ニット帽も購入できず、スタッフが編み物で手作りで用意と言う話を聞き、ニット帽が転倒時の頭の保護にもなるとの事で以前に市貝町の全介護施設へ&全定員数のニット帽の寄付を、市貝町を通して福祉の町としてもPRになるかと思い町長に提案したら、お断り・・・。

簡単に言うと勝手に介護施設に直接寄付しろとの事のようでした。

それはなぜか、この寄付の件が地元新聞などに取り上げられれば、介護事件事故の問題、市貝町福祉課の問題が表に出るので、町民がご自由にとの事のようです。

さらに道の駅での介護教室の提案も市貝町町長にしましたが、同じように却下・・・。

これもチャリティーやボランティアなのですがね・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/04/30 Thu. 00:03 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 社会福祉法人 特養の施設長が「言った言わないの話」での誤魔化し発言  |  ある公職選挙法違反で辞職した宇都宮市議が、デイサービスを隠れ蓑? その後に当選!! »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/82-6bbadee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top