栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0208

白玉給食事故訴訟・請求棄却 宇都宮地裁・吉田尚弘判事「何と3回に分けて「検事」の経験期間、判検交流!?」29年4月異動前の判決!?宇都宮公園連続爆破事件 被疑者 栗原敏勝との関連  

吉田尚弘 判事 白玉給食事故訴訟1

吉田尚弘 判事 白玉給食事故訴訟

原田敬三 白玉給食事故訴訟

原田敬三弁護士

白玉給食訴訟3



白玉給食訴訟1

井田 隆一 真岡市


白玉給食訴訟
白玉給食訴訟2
栃木市 白玉

会代表のコメント

真岡白玉事故訴訟のニュースが、先日取り上げられ、ネットでもなぜか、ご遺族の原告がフルボッコ・・・・。

なぜか、原告の親御さんを非難するものがいるのでしょうね・・・。

白玉を喉に詰まらせ、真岡亀山小から芳賀日赤病院、自治医科大学病院の流れとか・・・。

会代表の母が亡くなったのも「芳賀日赤病院」

ご遺族も、行政や国を相手に提訴する時は、外野の人間から非難されることは想定内レベルではないと

フルボッコにされて二の足を踏んでしまいます。

遺族側、原告側の弁護士は、北千住法律事務所  弁護士 黒岩哲彦 

やはり栃木の弁護士では難しかったのでしょう、東京弁護士会 元副会長の弁護士さんに依頼されていました。

真岡市側の訴訟代理人の弁護士は誰なのか確認できないのですが・・・・。


だいたい、このような市町村で大きな訴訟問題が起きた時には、栃木県側がお抱えの御用弁護士を紹介して

送り込む段取りになっているようで・・・。

会代表が知る弁護士ではと思いつつ・・・・。

その語に、同様の白玉事故が栃木県栃木市の保育園で2012年、森戸里世ちゃん=当時(2)=が白玉を喉に詰まらせて窒息死する事故があり、 県警捜査1課と栃木署は26日、業務上過失致死の疑いで当時の園長の女性(61)ら3人を書類送検した。3人とも容疑を認め、白玉事故遺族と和解 栃木市 7100万円賠償支払いへ 。

上記の判例があったので、真岡白玉の方でも、8400万円損害賠償金で、提訴したものと考えられますが・・・。


栃木市の市立保育園での事故は和解で 真岡市の小学校での事故は地裁が棄却というのも

被害者の年齢によるものなのか、判決文を読まないと難しいところかと・・・・。

真岡のご遺族は直接的にネットなどでもHPを開設しているようなことは無く・・・。

真岡遺族側、原告側の弁護士の北千住法律事務所  弁護士 黒岩哲彦 が

法律事務所のHP上で情報をUPしていました。

窒息事故をなくそう
学校給食での白玉団子の窒息・死亡事故 ~損害賠償請求を宇都宮地裁真岡支部に提訴~


                                
真岡のご遺族側も、棄却判決後、控訴の意向を発表しているようですが

2審高等裁判所からが本番と考えて、地元行政と闘うには戦略を考えないと

地元マスゴミ、裁判所、行政の囲みの戦略に嵌められて、声を上げられなくなってしまいます。

1審判決で、これだけ記者会見なども取り上げられているのですから、

2審で引っくり返せばまだ勝機は有ります!!  

ご遺族も弁護士任せにせず、自身で声を上げる事など、頑張ることを願います!!


世論の外野が何と言おうと、フルボッコにされようが、最終的に引っくり返せばそれで良し

亡くなってしまった息子さんの為にも頑張って下さい!!


会代表としては、提訴して何が悪い、提訴して当たり前、外野は黙っておけと思う方なので

栃木県及び市貝町、茂木町等も、本人訴訟で、外野を気にせず提訴しているのですが(笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

遺族側、原告側の弁護士は、北千住法律事務所  弁護士 黒岩哲彦

もう御一方の弁護士はということで、分かりました。

南北法律事務所 原田敬三弁護士

学校災害から子どもを守る全国連絡会 代表委員

今後、控訴との事で、真岡市側の弁護士は誰なのだろうか・・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

吉田尚弘判事をちょっと調べてみました。

H26年、4月1 日付け、宇都宮地家裁判事、宇都宮簡易裁判所となると

もしかすると約3年異動で考えると、H29年4月1日異動の可能性も・・・・。


以前にも裁判官の記事で、退官前、異動前には、ある一定の判例が出やすいことは記事にしているところですが・・・。

さらに経歴を見ると、何と3回に分けて「検事」の経験期間が・・・・。

判検交流の時期なのか???3回は多すぎるような・・・・。



さらに、あの宇都宮公園連続爆破事件  被疑者 栗原敏勝とも関連がありました。


宇都宮公園連続爆破事件  被疑者 栗原敏勝
本人訴訟で闇打ちした裁判官と横山弁護士等関係者一覧
近藤 壽邦
調停時の近藤 壽邦調停官・大竹書記官
調停時に、娘から包丁で斬り付けられた事実や妻からナイフで襲撃された事件について文書で提出し、主張しましたが調停員は、私に対して、生きているのではないかと意見しました。記録に残さないと言うことで、本人訴訟が故に、出鱈目な調停でありました。
裁判長裁判官 大段 享 裁判官 小林 元二・西村 英樹 裁判所書記官 近藤 暁美 (・河村 浩)
口頭弁論期日 出頭場所 825号法定(8階)
宇都宮地方裁判所第一民事部 裁 判 官 吉田尚弘 相良書記官から早乙女書記官

宇都宮裁判所203号法廷で、口頭弁論があり、無断で横山弁護士が法廷開廷に10分も遅れて、出廷しました。
裁判官 吉田尚弘 相良書記官から早乙女書記官は知らせがなく、待ちました。私は5分経過頃に開廷を迫りましたが裁判官吉田尚弘 相良書記官から早乙女書記官は了承しませんでした。これは、準備書面でも訴えています。通常なら、あり得ないことであります。文化会館・老人福祉センターなどは1秒でも開門しないし、閉鎖もドンピシャリ終了し、絶対に受け付けません。列車でも定刻に発車し、10分も遅れて発車すれば、罰則があります。

ここにも本人訴訟での差別がありました。無断で開廷時間に私が遅れていたなら、法廷は開廷されなかったでしょう。
遅れた理由など、一切、説明もなく、裁判官 吉田尚弘 相良書記官から早乙女書記官と横山弁護士等は裏で通じて居り、単なる見せかけの法廷であった。
裁判所は絶対に、これらの事実について認めることはしないです。
本人訴訟が故にこの様な、扱いをされた。
準備書面で訴えましたが何も裁判所は、反応しません。
書記官に記録を申出ましたが裁判官 吉田尚弘は拒否し、認めませんでした。


相変わらず、外野がご遺族を叩いているコメント記事を見ますが、ご遺族さん外野は気にせず!!

どなたか、被告真岡市側の弁護士が誰かお知りでしたら情報をお願いします!!
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/02/08 Wed. 08:52 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <介護事件事故及び債務不存在確認訴訟>今井攻裁判長・日野周子判事・三木洋美判事・合議3名の裁判体「29年4月、判事の異動可能性も!?」老健「もてぎの森うごうだ城」損保ジャパン日本興亜  |  白玉給食事故訴訟・請求棄却 宇都宮地裁・原告側の弁護士は「南北法律事務所 原田敬三弁護士」「北千住法律事務所 黒岩哲彦弁護士(東京弁護士会元副会長)」被告真岡市側の訴訟代理人は誰? »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/829-0b1e9dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top