栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0411

司法書士&弁護士への懲戒請求の違い、後見人問題等のトンデモ司法書士の懲戒請求は「法務局」へ!!  

司法書士&弁護士

会代表のコメント

司法書士&弁護士への懲戒請求の違い

弁護士は、弁護士会へ懲戒請求を行えは、弁護士会が審議、議決、懲戒処分まで行います。

司法書士は、司法書士会へ懲戒請求の相談をしても苦情相談どまり

司法書士を懲戒に掛けるには「法務局」へ懲戒請求する事になります。

栃木県は、法務局の総務課への懲戒請求でした、書面の雛形は特になし。


当会で公開している弁護士への懲戒請求の書面の引用で十分です。

懲戒請求の受付窓口は「法務局」ですが、問題の調査は法務局が司法書士会へ丸投げ・・・・。

司法書士会が、対象の司法書士の問題を調べて

法務局が処分を下すという流れです・・・・。

これで正当に審議ができるのか微妙ですが・・・。


成年後見人でのトンデモ司法書士なども弁護士同様増えていますので

司法書士の懲戒請求は「法務局」へと覚えておいて下さい!!


既に会代表が、ある司法書士に対し懲戒請求を法務局へ済ませておりますので

その詳細はまた後ほど記事に・・・。、


スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/04/11 Tue. 17:26 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 市貝町では、町民に嘘・隠蔽行為を行って、出世して退職できるようです(呆れ)  |  市貝町&町議会ぐるみ「隠蔽」現在町議会議長 「高徳義男」の「嘘」入野正明町長・元福祉課・偽隠蔽により(口頭注意処分)根本治久 課長・久保孝幸 係長(口頭注意処分)・H25年当時「小泉栄一議長」老健「もてぎの森うごうだ城」介護事件③ »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/877-17a78929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top