栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0611

被告弁護士4名が絡む介護虐待事件に なぜ、異動してきたばかりの、それも弁護士任官者の判事?&裁判体合議3名での男女比率について  

会代表のコメント

宇都宮地裁 第二民事部合議係

伊良原恵吾 判事
南部潤一郎 判事
平古場郁弥 判事補


先日の法廷にて・・・。

まず、異動人事による裁判体の総入れ替えですが

介護事件で、高齢者虐待弁護士4名が被告弁護士

被告澤田雄二・被告新田裕子・被告海老原輝・被告大内一宏

4名もの被告弁護士が絡む介護虐待事件


なぜ、異動してきたばかりの、それも弁護士任官者???

南部潤一郎 判事

弁護士任官者
南部 潤一郎氏  55期・元旭川弁護士会所属

司法修習終了後、四ツ橋法律事務所に勤務(大阪弁護士会)。2006年から法テラスの常勤弁護士として、法テラス江差法律事務所にて勤務(函館弁護士会)。2009年から法テラス旭川法律事務所に異動。
〈初任地東京高裁〉

弁護士任官制度(べんごしにんかんせいど)とは、弁護士経験を積んだ者が裁判官になること。この場合における「任官」とは、裁判官に任命されることを指す。

日本における弁護士からの任官
現在の日本の裁判官は、職業裁判官として、司法試験合格後、司法研修所で司法修習を受けた後、直ちに「判事補」という身分で裁判官に任官し、そしてそのほとんどが10年後にそのまま「判事」になっている。その後も、転勤に伴い各地での判事としての経験を積むことにより、部総括判事、上級裁判所の判事へと昇格していくシステムとなっている。


さらに、今回の裁判体の男女比率が、今回の異動交代で、合議全員男性の裁判官。

会代表が別の介護事件で、傍聴した合議の裁判は、合議3名の裁判体が全員女性・・・・。


会代表は男女差別論者ではないが、裁判体の合議3名ぐらいには、男女混合で判断して頂きたいものです。

というのも介護事件ともなれば、介護という事を考えれば、日本での介護家族のなどの比率は

どうしても男女で考えると、女性の介護家族比率の方が高いかと思います。

会代表のように老健から母を追い出されて、腹を決めて母の下のお世話し

在宅介護する人間がどれほどいるか・・・・。

普段、子育て介護にも程遠い男性3名の合議より、

1名でも女性の判事が入って貰った方が、判決内容にも・・・・。

と思うのは会代表だけでしょうか?



まあ、女性と言っても・・・。

被告新田裕子弁護士のように平気で高齢障害者に高齢者虐待ができる

高齢者虐待女性弁護士もおりますので

何とも言えないのですが(呆れ)



にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/06/11 Mon. 22:47 [edit]

CM: 0
TB: 0

0610

異動による新任判事より、原告と被告らに裁判所からの「求釈明書」!?  

求釈明1

求釈明2

会代表のコメント

宇都宮地裁 第二民事部合議係

伊良原恵吾 判事
南部潤一郎 判事
平古場郁弥 判事補


前回の6月6日の法廷ですが、新任の3名の裁判体になりどうなるのかと思ってはいましたが・・・・。

法廷時間は、10~15分くらいで終了したような・・・・。

それも伊良原恵吾裁判長から、原告と被告らに裁判所からの「求釈明書」とのことで???

書記官から、「求釈明書」が配られ、裁判長が次回までに、原告、被告ら共に求釈明書を提出するように

との事ですが、「求釈明書」の内容を見ると・・・・。

伊良原恵吾裁判長からは、簡単に言うと、複雑なので、もっと纏めないと、

係争中の裁判体の入れ替えなので、把握が難しいということなのか?

たぶん、今回の法廷までに、今までの裁判資料に関しては、ざっとしか目を通していない模様・・・・。

いちよう、求釈明での「転落事故」と記載があるように、本件事故が「転倒では無く、転落」であることは

把握して頂いているようでした。

ただ原告(2)での事故の入院費とかは、被告の損保ジャパン日本興亜が既に支払っており

まだ、本件のさわり部分しか、裁判体が把握していないことは直ぐ理解・・・・。

だいたい、訴状と一緒に、損害賠償請求算定書で、損害賠償、慰謝料等を、細かく説明して提出しており

前任の裁判体は把握して頂いていたのですが・・・・・。

「こりゃまた一からかなあ?」と思いつつ、ほとんど裁判長が話して終了。


だいたい、被告らは多いですが、準備書面などの法廷の進み具合とすれば

まだ、原告&被告らの準備書面2もしくは3、程度の裁判資料ですので

それほどの裁判資料の量ではないのかと思うのですが

端的に整理されたい、との事ですが・・・・。

書記官には、法廷終了後に、既に提出済み資料のコピペになっちゃいますよとはお伝えしておきました。

今回、被告らには原告から質問もする時間も無く、早々に終了でしたので

何か1回分の法廷時間が無駄になった気分・・・・。


傍聴人からも裁判長が話して終わっちゃったねと声が上がっていたとか。

取り合えず、今後の争点部分も、裁判体が代わって、変わられては困るので

争点部分から纏めないといけないような・・・・。
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/06/10 Sun. 10:18 [edit]

CM: 0
TB: 0

0607

<弁護士自治を考える会にて、記事に>"日弁連会長を提訴、戒告処分を取消したのは不当である、取消した裁決を取消せと提訴、宇都宮地裁  

被告日弁連 被告日本弁護士連合会 被告澤田雄二弁護士 菊池裕太郎 中本和洋 増田嘉一郎(懲戒委員長 )

被告日弁連 被告日本弁護士連合会 被告澤田雄二弁護士 菊池裕太郎 中本和洋 増田嘉一郎(懲戒委員長 )1

日本弁護士連合会 日弁連 澤田雄二 菊池裕太郎 中本和洋 増田嘉一郎(懲戒委員長 )2
日弁連 会長 ・副会長 ・事務総長 ・事務次長
澤田雄二弁護士 宇都宮中央法律事務所 新田裕子弁護士 海老原輝弁護士 SJNK

もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者遺骨 松田源一 木村勝則本部長 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏 損保ジャパン1

会代表のコメント

弁護士自治を考える会にて、記事にして頂きました。

日弁連会長を提訴、戒告処分を取消したのは不当である、取消した裁決を取消せと提訴、宇都宮地裁(リンク)

本日、宇都宮地裁に出向いたので、被告日弁連相手の事件の担当書記官にお会いして来ました。

訴状も、まだ一部のみの公開でしたが、

被告日弁連にも、もう副本が送達済みかと思いますので、

タイミングを計って公開させて頂きます。

たぶん、今頃、被告日弁連の代理人を誰にするか、日弁連としても大慌て!?

だいたい、被告澤田雄二弁護士(別件の被告弁護士)が、介護被害者である原告に

「頭の悪そうな人ですね」と威嚇暴言侮辱発言を繰り返し、人格権の侵害を犯しておきながら

被告日弁連が、弁護士擁護の裁決を下して

日弁連の懲戒制度に問題があることも、自ら訂正することもせず

「中立・公正な懲戒制度」などと、デタラメな裁決を下しているから提訴されるのです。


原告である会代表は、本人訴訟ですから、最後まで闘わせて頂きます。

まあ、日弁連を提訴する事件で、原告側代理人弁護士になる弁護士などいるはずも無く(笑)


また、栃木県弁護士会の懲戒委員も弁護士の「頭の悪そうな人ですね」発言が

懲戒請求者の名誉感情を害する程では無いなどと

適当な裁決を下していた事をお忘れなく(怒り)


今後、被告日弁連の懲戒委員会委員の名も、随時公開させて頂きます。
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/06/07 Thu. 00:24 [edit]

CM: 0
TB: 0

0603

<被告日本弁護士連合会(被告日弁連 会長菊地裕太郎)を提訴「訴状一部公開(本人訴訟)」>「懲戒委員会の裁決の取消」及び「慰謝料請求訴訟」  

日本弁護士連合会 日弁連 澤田雄二 菊池裕太郎 中本和洋 増田嘉一郎(懲戒委員長 )2

日本弁護士連合会 日弁連 代表事項証明書

日弁連 菊地裕太郎 1
日弁連 会長 ・副会長 ・事務総長 ・事務次長

会代表のコメント

日本弁護士連合会(日弁連)を提訴「訴状一部公開(本人訴訟)」

「懲戒委員会の裁決の取消」及び「慰謝料請求訴訟」

5月30日に、宇都宮地裁へ提訴、翌々日には、担当書記官から電話連絡が入り

1回目の口頭弁論の日時調整

訴状の補正も、書面提出変更レベルの補正は無く、すんなり通りました(笑)

実は、流石に、被告日弁連を提訴との事で、裁判所も訴状を提出して貰えないと

訴訟提起可能かどうか、分からないとの回答だったのですが

会代表の方で調べたら、宇都宮地裁での訴訟提起、担当裁判所も東京地裁では無く

宇都宮地裁で行けそうな事が分かり、今回の被告日弁連への提訴となりました(笑)

問題としては、前任の日本弁護士連合会(日弁連)会長 中本和洋弁護士の時の

懲戒委員会の裁決に関しての明らかなる問題点・・・・・。

懲戒委員長 増田嘉一郎弁護士、及び懲戒委員他14名の判断の誤りに関して

裁決の取消訴訟になります。

「栃木県弁護士会・懲戒処分・日弁連懲戒取り消し事件」
澤田雄二弁護士 宇都宮中央法律事務所(損保ジャパン日本興亜 )
「新田裕子弁護士・海老原 輝弁護士・大内一宏弁護士」
「老健 もてぎの森 うごうだ城 介護事件」

まさか、日弁連も提訴に至るとは思っていなかったのではないかと(呆れ)

たぶん、訴状の副本は、来週の月曜日頃日弁連に到着かもしれません。

日弁連会長 菊地裕太郎弁護士とすれば、会長になった途端に日弁連が提訴され・・・・・。

被告弁護士が、誰になるのか、楽しみですね。

現在係争中の裁判(第二民事部)とは併合にならず、担当は第一民事部になりました。

たぶん併合にはならないかとは、思っていましたが・・・・・。

以前に、弁護士が日弁連を提訴した件はありましたが

日弁連が本人訴訟で、原告である懲戒請求者に提訴されたことはあるのでしょうか???

こちらも長期戦になりますので、じっくり「被告日弁連」相手に闘いたいと思います!!
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/06/03 Sun. 19:49 [edit]

CM: 0
TB: 0

0602

被告澤田雄二弁護士(宇都宮中央法律事務所)が、処分取消記事のネット上位検索に必死?「弁護士自治を考える会での処分取消記事」弁護士事務所のHPに貼り付けて、弁明すれば(呆れ)  

澤田雄二弁護士 宇都宮中央法律事務所 新田裕子弁護士 海老原輝弁護士

会代表のコメント

澤田雄二弁護士で、グーグル検索すると・・・・・。

澤田雄二弁護士(宇都宮中央法律事務所)が必死に、以前から

弁護士自治を考える会の・・・・・。

「澤田雄二弁護士(栃木)懲戒処分の変更の要旨 戒告から処分取消」記事を

上位検索されるように頑張っておられるようですが・・・・・。


弁護士自治を考える会の記事の、上位検索にするより

宇都宮中央法律事務所のインフォメーションで

澤田雄二弁護士の官報記事や、日弁連の日弁連広報誌「自由と正義」の記事を

弁護士事務所のHPに貼り付けて、弁明すれば良いだけのことなのに(呆れ)


既に、検索すれば、タイトル記事やYouTubeの動画は、数本必ず検索されるし

一発で、問題を起こした弁護士であることは誰が見ても明らかでしょう。

残念ながら、会代表は本当の記事内容、澤田雄二弁護士本人の音声動画しかUPしていません。

澤田雄二弁護士が、以前に法的手段と会代表である原告を脅してきましたが

何時になっても、法的手段は取られませんね(呆れ)

単に、弁護士の法的手段発言に、ビビる人間とそうではない人間の判断ぐらい

弁護士は、見極めが出来ないようですね(呆れ)


という事で、先にこちらで先手の段取りを踏ませて頂きました!!

後ほど別の記事として、紹介させて頂きます(笑)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/06/02 Sat. 17:27 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top